トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2003年01月10日 tdiary

tdiary

日記ツールをインストールしてみた。ツッコミが出来るツールなんでバシバシ突っ込みを書き込んでちょ。

si-linux.com

2003/01/08 から停止している。未だに westhost社から連絡無し。困った〜。

hack

携帯電話の充電器を家に忘れてしまったので、12V安定化電源 -> 8Vの3端子レギュレータ -> 手持ちの電池をつなぐアダプタで充電を試みる。うまくいったが危険スギ

JDBC

岩崎がやっているプロジェクトで、『オンデマンドPPP発呼経由で、JAVAクライアントアプリからJDBCを使ってmysqlサーバに接続するとサーバ側のポート3306が SYN_RECVで停止する』不具合発見。この時クライアントアプリ側はソケットESTABLISHになる。SYN_ACKが帰った所でおかしくなってるのだな?。いろいろ試した結果JDBCが悪いという事になりそうな雰囲気があるような無いような。

がんちゃん

ライムストーンは今後どうしよう。先生やれるくらいの人でボランティアなんて早々いないよなぁ。

CAT709

開発に京都マイクロコンピュータPARTNER-Jを使ってるんですがデバッガから直接FLASHに書き込めたり、sh3-linux-gcc -g でコンパイルしたELFバイナリをロードしてソースコードデバックできたりして便利便利

ただし結局コマンド(RD とか Tとか Fとか)を覚えないと指についてこないのは昔からのデバッガ風味。


2003年01月11日 土曜日

westhost

westhost.com未だ連絡無し。困った。

CAT709

RTC問題解決

tdiary.net

http://www.tdiary.net/これでアンテナにキャッチされるんかな?

がんちゃん

今日は土曜だけどもエルココに行けなかった


2003年01月12日 連休中日

仕事

連休中日なのに取引先の担当の方来社。

うわー日曜日(しかも連休中日)なのにこの業界の人たちは大変だわ。

おとといは深夜12時からAM4時まで打ち合わせだったし。

この時間帯がデフォなビジネスて(苦笑)

CAT709

リンカースクリプトの実験をした。

IPLプログラム内に、カーネルをシリアル経由でXMODEMプロトコルでダウンロードしてフラッシュに書き込む機能を作った。

IPLプログラム自身もFLASH上にあるため、書き込みプログラムはいったんSDRAMにシャドウしないといけない。

そこでVMA(実行アドレス)はSDRAM上だけどもLMA(格納アドレス)はFLASH上というリンカースクリプトを書いた。

こんな風にかくと .text セクションは ROMリージョンに入り、

.flashセクションのLMA(格納アドレス)は .textセクションの後ろ(つまりROM上)、VMA(実行アドレス)は FLASHリージョン(RAM上)に置かれる。

MEMORY
{
  ROM (rx):   ORIGIN = CONFIG_ROM_START, LENGTH = CONFIG_ROM_LENGTH
  FLASH (rx): ORIGIN = CONFIG_RAM_START+0x4000, LENGTH = 16k
}
SECTIONS{
  .flash : AT (ADDR (.text) + SIZEOF (.text) )
  {
        __flash_start = .;
        download/flash.o
        download/xmodem.o
        __flash_end = .;
  } > FLASH
  .text :
  {
    *(.text)
    略
  } > ROM
  _etext = .;
}

ROMに格納されたコードをRAMにシャドウするコードを書く。

    extern char _etext,__flash_start,__flash_end;
    unsigned char *src = &_etext;
    unsigned char *dst = &__flash_start;
    while(dst < &__flash_end)
      *dst++ = *src++;

2003年01月13日 成人式

CAT709

PCMCIAあたりをハッキング中

/drivers/pcmcia/hd64465.c をベースにして

/drivers/pcmcia/sh3_ss.c を書いている。

ソケットサービスドライバを書けば、その上位のcardmgrや、

下位のide-cs等の汎用ドライバはそのまま使えるだろうとおもう。

とりあえずお決まりの画面ダンプ

cisタプルは読めて、cardmgrでide-csをロードするところまではいた。CFに限ればあと少しで動きそう。

/ # insmod /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Linux Kernel Card Services 3.1.22
  options:  none
/ # insmod /mnt/cat709/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia/sh3_ss.o
Using /mnt/cat709/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia/sh3_ss.o
Warning: loading sh3_ss will taintsh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_reset_socket(0, 1)sh3ss_ss: sh3ss_init(0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_inquire_socket(0)
sh3ss_ss: sh3ss_proc_setup(0)  XXX
SH3 PCMCIA bridge:
   socket 0 at 0xb8000000 irq 34 io window 20K@0xc012b000
the kernel: no license
  See http://www.tux.org/lkml/#export-tainted for information about tainted modules
/ # insmod /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ds.o
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ds.o
sh3ss_ss: sh3ss_register_callback(0)
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=0, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 33)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0)SS_DETECT
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=240, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=0)
sh3ss_ss: start reset card
sh3ss_ss: enabling card output
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=0)
sh3ss_ss: stop reset card
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
/ #
/ # dump_cis
Socket 0:
  dev_info
    fn_specific 700ns, 2kb
  common_jedec 0xdf 0x01
  manfid 0x0045, 0x0401
  vers_1 4.1, "SunDisk", "SDP", "5/3 0.6"
  funcid fixed_disk [post]
  disk_interface [ide]
  disk_features [silicon] [unique] [single]
    [sleep] [standby] [idle] [low power]
  config base 0x0200 mask 0x000f last_index 0x07
  cftable_entry 0x00 [default]
    [rdybsy] [mwait] [pwrdown]
    Vcc Vnom 5V Vmin 4500mV Vmax 5500mV Ipeak 80mA
    memory 0x0000-0x07ff @ 0x0000
  cftable_entry 0x00
    Vcc Vnom 3300mV Ipeak 45mA
  cftable_entry 0x01 [default]
    [rdybsy] [pwrdown]
    Vcc Vnom 5V Vmin 4500mV Vmax 5500mV Ipeak 80mA
    io 0x0000-0x000f [lines=4] [8bit] [16bit]
    irq mask 0xffff [level] [pulse] [shared]
  cftable_entry 0x01
    Vcc Vnom 3300mV Ipeak 45mA
  cftable_entry 0x02 [default]
    [rdybsy] [pwrdown]
    Vcc Vnom 5V Vmin 4500mV Vmax 5500mV Ipeak 80mA
    io 0x01f0-0x01f7, 0x03f6-0x03f7 [lines=10] [8bit] [16bit] [range]
    irq 14 [level] [pulse] [shared]
  cftable_entry 0x02
    Vcc Vnom 3300mV Ipeak 45mA
  cftable_entry 0x03 [default]
    [rdybsy] [pwrdown]
    Vcc Vnom 5V Vmin 4500mV Vmax 5500mV Ipeak 80mA
    io 0x0170-0x0177, 0x0376-0x0377 [lines=10] [8bit] [16bit] [range]
    irq 14 [level] [pulse] [shared]
  cftable_entry 0x03
    Vcc Vnom 3300mV Ipeak 45mA
  cftable_entry 0x07
/ #
/ # cardmgr
cardmgr[55]: cs: IO port probe 0x0c00-0x0cff:w excludinga nothing: probe failed.
tcs: IO port probe 0x0800-0x08ff:c excludingh nothing: probe failed.
ics: IO port probe 0x0100-0x04ff:ng 1  excludingsock nothing: probe failed.
ecs: IO port probe 0x0a00-0x0aff:t excludings nothing: probe failed.
/ # cardmgr[56]: starting, version is 3.1.34
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
cardmgr[56]: socket 0: ATA/IDE Fixed Disk
cardmgr[56]: module /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ide-cs.o not available
cardmgr[56]: executing: 'modprobe ide-cs'
cardmgr[56]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/ide/ide-cs.o
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq=0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=220, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq=14)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0) TODO_ sh3ss_map_irq(0,8c16bfa8)
sh3ss_ss: card type: i/o
sh3ss_ss: sh3ss_set_io_map(sock=0, map=0, flags=0x5, speed=0ns, start=0x0100, stop=0x010f)
sh3ss_ss: remap_page_range(vaddr=0xc012b000, paddr=0x1a000000, size=0x00001000x)
hda: SunDisk SDCFB-15, ATA DISK drive
hdc: probing with STATUS(0x50) instead of ALTSTATUS(0xa0)
hdc: SunDisk SDCFB-15, ATA DISK drive
ide0 at 0x100-0x107,0x10e on irq 14
ide1 at 0x170-0x177,0x376 on irq 15
hda: 29312 sectors (15 MB) w/1KiB Cache, CHS=458/2/32
hdc: 29312 sectors (15 MB) w/1KiB Cache, CHS=458/2/32
Partition check:
 hda:hda: lost interrupt
hda: lost interrupt
hda: lost interrupt

2003年01月14日 PCMCIA記念日

CAT709

CAT709でPCMCIAが動いたぜぇ。

いやぁ。sh3 + linux で PCMCIAカードマネージャがまともに動くじゃん :-)すごいすごいすごいすごい。
結局 drivers/pcicma/sh3_ss.c というソケットサービスレイヤを書いたら万事うまくいった!
昨日の時点で割り込みがかからなかった(lost interrupt)ので、今日は割り込み線にオシロスコープをつないでみた。
オシロの画面では割り込みが発生している。よかったハードには問題ない、ソフトだけの問題なら気が楽だ。
PARTNER-Jは -g 付きでコンパイルしたvmlinux (ELF)を読み込めてソースレベルデバックができるから、do_IRQからローカル変数をウォッチしながらステップ実行ができる!だからデバックは楽チン。あぁなんてすばらしい。こりゃ誰でもデバックできるよ。
結果、予想通りなんだけどirq_demux()が呼び出されていなかったことがわかった。
include/asm/io.h に irq_demuxを呼び出すように#define を書く必要があった。
一週間くらいPCMCIA周りを追いかけたのでlinuxにおけるPCMCIAの取り扱いがわかってきた。
下から書くと、クライアントドライバ(pcnet_cs や orinoco, serial_cs等)と呼ばれる各チップ毎のドライバがあって、これは全機種共通。中間にソケットサービス(SS)があって、今回はココを書いたわけ。上位はドライバサービス(ds)があって、これも全機種共通。つまり真ん中のレイヤのSSを用意すればOKってこと。
以下お決まりの画面ダンプ。まだデバックメッセージがたくさん残ってるけど。
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # insmod ./pcmcia_core.o
Using ./pcmcia_core.o
Linux Kernel Card Services 3.1.22
  options:  none
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # insmod serial
Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/char/serial.o
Serial driver version 5.05c (2001-07-08) with no serial options enabled
ttyS01 at 0x02f8 (irq = 3) is a 8250
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # insmod ./sh3_ss.o
Using ./sh3_ss.o
Warning: loading sh3_ss will taint the sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
ksh3ss_ss: sh3ss_reset_socket(0, 1)sh3ss_ss: sh3ss_init(0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_inquire_socket(0)
esh3ss_ss: sh3ss_proc_setup(0)  XXX
SH3 PCMCIA bridge:
r  socket 0 at 0xb8000000 irq 34 io window 20K@0xc0132000
nel: no license
  See http://www.tux.org/lkml/#export-tainted for information about tainted modu
les
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # insmod ./ds.o
Using ./ds.o
sh3ss_ss: sh3ss_register_callback(0)
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=0, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=
0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 33)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0)SS_DETECT
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=240, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: start reset card
sh3ss_ss: enabling card output
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: stop reset card
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # cardmgr
cardmgr[57]: cs: IO port probe 0x0c00-0x0cff:wat excludingc nothing: probe faile
d.
hcs: IO port probe 0x0800-0x08ff:ing excluding  nothing: probe failed.
1cs: IO port probe 0x0100-0x04ff: sockets
 excluding nothing: probe failed.
cs: IO port probe 0x0a00-0x0aff: excluding nothing: probe failed.
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # cardmgr[58]: starting, version is 3.1.
34
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
cardmgr[58]: socket 0: Serial or Modem
cardmgr[58]: executing: 'insmod /lib/modules/2.4.19/pcmcia/serial_cs.o'
cardmgr[58]: + Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/serial_cs.o
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq
=0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=320, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq
=14)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0) TODO_ sh3ss_map_irq(0,-1944666200)
sh3ss_ss: card type: i/o
cs: write_cis_mem(1, 0x103, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(0,b8000206)
cs: write_cis_mem(1, 0x100, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(59,b8000200)
cs: write_cis_mem(1, 0x101, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(8,b8000202)
cs: write_cis_mem(1, 0x102, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(0,b8000204)
cs: write_cis_mem(1, 0x104, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(0,b8000208)
cs: write_cis_mem(1, 0x105, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(f8,b800020a)
cs: write_cis_mem(1, 0x106, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(3,b800020c)
sh3ss_ss: sh3ss_set_io_map(sock=0, map=0, flags=0x1, speed=0ns, start=0x03f8, st
op=0x03ff)
sh3ss_ss: remap_page_range(vaddr=0xc0132000, paddr=0x1a008000, size=0x00001000x)
ttyS00 at port 0x03f8 (irq = 14) is a 16550A
cardmgr[58]: executing: './serial start ttyS0'
cardmgr[58]: + cat: /var/lib/misc/pcmcia-scheme: No such file or directory
/mnt/linux-2.4.19-cat709/drivers/pcmcia # cd
/ # mount 192.168.7.112:/ /mnt2
/ # cd /mnt2
/mnt2 # cd usr/bin/
/mnt2/usr/bin # ./cu
./cu            ./cups-config   ./cut
/mnt2/usr/bin # ./cu -l /dev/ttyS0 -s 115200
Connected.
AT
OK
ATD 0570xxxxxxxxxxxxxx (伏せ)
CONNECT 115200
~#澄}!}!} }2}!}$}%檢#}$寸}%}&@=95b・~#澄}!}!} }2}!}$}%檢#}$寸}%}&@=95b・~#
澄}!}!} }2}!}$}%檢#}$寸}%}&@=95b・./cu: Got hangup signal
Disconnected.
/mnt2/usr/bin #

LPC-CF-CLT (有線LAN CFカード)

メルコ製CFタイプLANカード BUFFALO LPC-CF-CLT

カーネルコンフィグレーション
Network device support  --->
  PCMCIA network device support  --->
    M   NE2000 compatible PCMCIA support
/etc/pcmcia/config に以下のエントリーを追加する
card "Melco LPC-CF-CLT Ethernet"
  version "BUFFALO", "LPC-CF-CLT"
  bind "pcnet_cs"
動作ダンプ
/ # modprobe sh3_ss
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Linux Kernel Card Services 3.1.22
  options:  none
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/sh3_ss.o
Warning: loading sh3_ss will taint thsh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_reset_socket(0, 1)sh3ss_ss: sh3ss_init(0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_inquire_socket(0)
sh3ss_ss: sh3ss_proc_setup(0)  XXX
SH3 PCMCIA bridge:
e  socket 0 at 0xb8000000 irq 34 io window 20K@0xc012b000
 kernel: no license
  See http://www.tux.org/lkml/#export-tainted for information about tainted modu
les
/ # modprobe ds
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ds.o
sh3ss_ss: sh3ss_register_callback(0)
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=0, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=
0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 33)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0)SS_DETECT
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=240, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: start reset card
sh3ss_ss: enabling card output
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: stop reset card
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
/ # cardmgr
cardmgr[60]: cs: IO port probe 0x0c00-0x0cff:watc excluding 0xc00-0xc17hing
 cs: IO port probe 0x0800-0x08ff:1 soc excluding 0x818-0x827 0x830-0x83f 0x848-0
x84f 0x858-0x85f 0x868-0x86f 0x878-0x87f 0x888-0x88f 0x898-0x89f 0x8a8-0x8af 0x8
b8-0x8bf
cs: IO port probe 0x0100-0x04ff:kets
 excluding 0x300-0x327
cs: IO port probe 0x0a00-0x0aff: excluding 0xa60-0xa6f
/ # cardmgr[61]: starting, version is 3.1.34
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
cardmgr[61]: socket 0: Melco LPC-CF-CLT Ethernet
cardmgr[61]: module /lib/modules/2.4.19/net/8390.o not available
cardmgr[61]: executing: 'modprobe 8390'
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/8390.o
cardmgr[61]: executing: 'insmod /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcnet_cs.o'
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcnet_cs.sh3ss_ss: sh3ss_set_soc
ket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq=0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=220, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq
=14)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0) TODO_ sh3ss_map_irq(0)
sh3ss_ss: card type: i/o
cs: write_cis_mem(1, 0x1fc, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(60,b80003f8)
cs: write_cis_mem(1, 0x1fd, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(0,b80003fa)
sh3ss_ss: sh3ss_set_io_map(sock=0, map=0, flags=0x5, speed=0ns, start=0x0340, st
op=0x035f)
sh3ss_ss: remap_page_range(vaddr=0xc012b000, paddr=0x1a008000, size=0x00001000x)
eth0: NE2000 Compatible: io 0x340, irq 14, hw_addr 00:07:40:02:1C:37
cardmgr[61]: executing: './network start eth0'
cardmgr[61]: + cat: /var/lib/misc/pcmcia-scheme: No such file or directory
/ # cd /tmp/
/tmp # ifconfig eth0 192.168.7.134 up
/tmp # ftp 192.168.7.101
Connected to 192.168.7.101.
220 ProFTPD 1.2.5rc1 Server (Debian) [boss]
Name (192.168.7.101:root): ebihara
331 Password required for ebihara.
Password:
230 User ebihara logged in.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> cd /boot
250 CWD command successful.
ftp> get bzImage-2.4.19
local: bzImage-2.4.19 remote: bzImage-2.4.19
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for bzImage-2.4.19 (1001790 bytes).
226 Transfer complete.
1001790 bytes received in 0.99 secs (985.3 kB/s)
ftp> exit
221 Goodbye.
/tmp #

WLI-CF-S11G (無線LAN CFカード)

メルコ製CFタイプ無線LANカード BUFFALO WLI-CF-S11G

カーネルコンフィグレーション
Network device support  --->
  Wireless LAN (non-hamradio)  --->
    M   Hermes chipset 802.11b support (Orinoco/Prism2/Symbol)
    M   Hermes PCMCIA card support
/etc/pcmcif/config に以下のエントリーを追加する
card "MELCO WLI-CF-S11G"
  version "BUFFALO", "WLI-CF-S11G"
  bind "orinoco_cs"
動作ダンプ
/ # modprobe sh3_ss
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Linux Kernel Card Services 3.1.22
  options:  none
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/sh3_ss.o
Warning: loading sh3_ss will taint thsh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_reset_socket(0, 1)sh3ss_ss: sh3ss_init(0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 0, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_inquire_socket(0)
sh3ss_ss: sh3ss_proc_setup(0)  XXX
SH3 PCMCIA bridge:
e  socket 0 at 0xb8000000 irq 34 io window 20K@0xc012b000
 kernel: no license
  See http://www.tux.org/lkml/#export-tainted for information about tainted modu
les
/ # modprobe ds
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ds.o
sh3ss_ss: sh3ss_register_callback(0)
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=0, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_irq=
0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 33)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0)SS_DETECT
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=240, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: start reset card
sh3ss_ss: enabling card output
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=33, io_ir
q=0)
sh3ss_ss: stop reset card
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
/ # cardmgr
cardmgr[60]: cs: IO port probe 0x0c00-0x0cff:watc excluding 0xc00-0xc17hin
gcs: IO port probe 0x0800-0x08ff: 1 sock excluding 0x8b8-0x8c7 0x8d0-0x8df 0x8e8
-0x8ef 0x8f8-0x8ff
cs: IO port probe 0x0100-0x04ff:ets
 excluding 0x300-0x327 0x330-0x33f 0x348-0x34f 0x358-0x35f 0x368-0x36f 0x378-0x3
7f
cs: IO port probe 0x0a00-0x0aff: clean.
/ # cardmgr[61]: starting, version is 3.1.34
sh3ss_ss: sh3ss_get_status(0) = 10c0
cardmgr[61]: socket 0: MELCO WLI-CF-S11G
cardmgr[61]: module /lib/modules/2.4.19/pcmcia/hermes.o not available
cardmgr[61]: executing: 'modprobe hermes'
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/hermes.o
cardmgr[61]: module /lib/modules/2.4.19/pcmcia/orinoco.o not available
cardmgr[61]: executing: 'modprobe orinoco'
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/hermes.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/orinoco.o
cardmgr[61]: module /lib/modules/2.4.19/pcmcia/orinoco_cs.o not available
cardmgr[61]: executing: 'modprobe orinoco_cs'
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/hermes.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/hermes.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/orinoco.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/ds.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/pcmcia/pcmcia_core.o
cardmgr[61]: + Using /lib/modules/2.4.19/kernel/drivers/net/wireless/orinoco_cs.
o
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=200, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq
=0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_voltage(0, 33, 0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0, flags=220, csc_mask=80, Vcc=33, Vpp=0, io_irq
=14)
sh3ss_ss: sh3ss_set_socket(sock=0) TODO_ sh3ss_map_irq(0)
sh3ss_ss: card type: i/o
cs: write_cis_mem(1, 0x1f0, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(41,b80003e0)
sh3ss_ss: sh3ss_set_io_map(sock=0, map=0, flags=0x3, speed=0ns, start=0x0100, st
op=0x013f)
sh3ss_ss: remap_page_range(vaddr=0xc012b000, paddr=0x1a008000, size=0x00001000x)
cardmgr[61]: executing: './network start eth0'
cardmgr[61]: + cat: /var/lib/misc/pcmcia-scheme: No such file or directory
/ # ifconfig eth0 192.168.7.134 up
cs: write_cis_mem(1, 0x1f0, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(c1,b80003e0)
cs: write_cis_mem(1, 0x1f0, 1)
write_cis_mem::bus_writeb(41,b80003e0)
eth0: Error -110 setting multicast list.
eth0: Error -110 setting multicast list.
eth0: Error -110 setting multicast list.
/ # cd /tmp/
/tmp # ftp 192.168.7.101
Connected to 192.168.7.101.
220 ProFTPD 1.2.5rc1 Server (Debian) [boss]
Name (192.168.7.101:root): ebihara
331 Password required for ebihara.
Password:
230 User ebihara logged in.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> cd /boot
250 CWD command successful.
ftp> get bzImage-2.4.19
local: bzImage-2.4.19 remote: bzImage-2.4.19
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for bzImage-2.4.19 (1001790 bytes).
226 Transfer complete.
1001790 bytes received in 1.59 secs (616.4 kB/s)
ftp> exit
221 Goodbye.
ifup したときにERRORが返ったのでビビったが無事動作している。うおーすばらしい。
有線LANでは1MB/S弱、無線LANでは600KB/S程度。これなら10Base環境だったら遜色ないとおもう。

si-linux.com

westhost.comからメールが返ってこないので、もうステ。

レンタルサーバは http://www.cside.jp/に申し込みを行った。

si-linux.com サービス障害はあと一週間程度で復旧予定。

サルサ

LAはど〜もハマらないなぁ。キューバンの方が性にあってる気がする。セテンタのコンプリガードは右足をかっこよく回すのがポイントなんだけどそのときに左手のテンションがおろそかになりがち。

てか、かっこよく踊ろうとおもうと女性への配慮がおろそかになるんだよね。そんなのダメダメ。

XAX

今日は休み


2003年01月15日 大阪出張

CAT709

大阪出張のため進捗無し

サルサ

Emiko先生のレッスン。1月のテーマは「難しい技じゃなくて簡単な事をかっこよくやろう」かな。

Emiko先生の言うとおりで、クラブで一曲踊ると結構長く感じるんだけど難しい技は1個か2個あれば十分で女性にいかに気持ちよく踊ってもらうか、リードとテンション感じあえれば十分なんだよね。

ライムストーン

Sonrisa,Kiaritaは休み。女性はKikoさんだけ。男はIcsut,Achi,Junky,Gamba.


2003年01月16日

CAT709

今回使うRTC ICは、シリアルEEPROMメモリを512バイト持っていて、そこにMACアドレスとカーネルパラメータを保存することにしている。

今日はシリアルEEPROMを手クロックでパタパタさせてのread/write関数を書いた。EXPORT_SYMBOL()しているのでキャラクタドライバから呼び出すのも容易にした。

さらにipl+gにも内蔵させたので起動時にパラメータを表示するようにした。以下ダンプ

SH IPL+g version 0.11, Copyright (C) 2001 Free Software Foundation, Inc.
build Jan 17 2003 03:54:26
This software comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details type `w'.
This is free software, and you are welcome to redistribute it under
certain conditions; type `l' for details.
hw clock is 2016/10/07 02:48:40
mac addr:12:34:56:00:00:01
>
今まで無かったのが不思議なんだkが、__DATE__ __TIME__ を表示するようにした。
とりあえず日付でipl+gのバージョン管理することにする。

XAX

今日も休み


2003年01月17日 日曜大工(金曜だけど)

CAT709

出張で外出だったので進捗なし
CAT709試作基板がさらに3台組みあがる→評価へ
大須でサンハヤトのCF基板を買ってきた

増設CFの実験用。土日で結線してみる。

日曜大工


木板とキャスターで岩崎がなにやら日曜大工(金曜の深夜だけど。あ土曜日だ)

こんなもんが出来上がった。このプリンター重かったからかなりgood
ちなみにLP-8800Cは「現物支払い」でゲットした戦利品(?)

si-linux.com

westhost.com社にアカウントをキャンセルする旨のメールを書いたらなんとすぐにリプライがあった。

(具体的にはDNSのtransferをconfirmして欲しいって話)

しかも、03/1/18 AM2時現在でwww.si-linux.com開けてやんの

動いちょるじゃんか。

XAX

今日も休み(汗


2003年01月18日 土曜日

CAT709

外出のため進捗無し

www.si-linux.com

なんか解約はスムーズだ。westhost.comの担当者もマメにメールくれるし、We thank you for your business and best wishes to you and your business in the future. 定型文だとしても丁寧な対応で好感持てる。悪い会社じゃないのだよねぇ。なんか具合が悪かっただけみたい。

今日で www.si-linux.com が引けなくなりました。さようなら。

サルサ

土曜日はエルココの日だけども忙しくて行けなかった。

あうー。エルココ行きてぇぇぇぇぇぇ。来週が待ち遠しいぜ。

XAX

忙しかったから休み(大汗


2003年01月20日 来客

仕事

一日中来客がありました。

CAT709

なわけで進捗なし

XAX

ひっさしぶり〜に暴れてきました。

とりあえずルームランナー3.5キロ@20分。

いい汗かいたところでベンチプレス57Kg*10回*5セット。

ショルダープレス25Kg*10回*5セット

ワンハンドプル(上腕二等筋)7.5Kg*片側10回*5セット

BodyPumpの時間に間に合ってればそっちに出たかった。


2003年01月21日 東京出張

東京出張一日目

セミナー講師

2003年01月22日 東京出張

東京出張二日目

セミナー講師

2003年01月23日 ハードディスク入れ替え

CAT709

技術的&営業的な打ち合わせを3社間で行った。

やっぱりオンボードのFLASH ROMを 4Mから8Mに容量アップする。

現状では空き500K(つまり3.5M消費)で、

ipl,kernel,libcシリーズ,telnetd,ftpd,httpd,pcmcia-cs周りが

収まっているんだけど逆に言うともうそれでギリギリ。

何とか入れたいものは perl,libm,ssh。

8Mあればすばらしい環境が提供できます。

例えばssh入れればscpもついてくるので、ftpスクリプト

書かなくてもscpでネットワーク間のファイル転送ができます。

その関係で定価が若干値上がってしまいます(ごめんなさい)。

今のところの予定では、

CPU基板単品定価 \34,800 → \37,500

開発キット(マザーボード・CDROM付)定価 \58,000

開発キット(ハッキングプライス) \34,800

XAX

打ち合わせの帰り道に寄り道で寄った。風呂に入りたかったし。

ベンチプレス 52Kg * 10回 * 5セット

ショルダープレス 25Kg * 10回 * 5セット

腹筋30回 * 3セット

ワンハンドで上腕二等筋(腕の裏側ね)引っ張ったりもした。

ハードディスク置換

ノートPC(NEC LavieJ 500/2D)のハードディスクを置換した。

30G -> 40G。もう重オモになってたのでクリーンインストール

したかったんだ。

とりあえず40GをWindows用に20G確保。

残り20Gを 5,5,10に分けてDebian,Redhat,/home とする予定。

SSH

woodyではssh2なんで、旧来の".ssh/identity を相手のauthorized_keysに追加"では駄目。

ssh -1 で強制的にssh1を使うようにすればOK。あるいは

/etc/ssh/ssh_config を

Host *

Protocol 1,2

find

でかいファイルを探す

find . -size +50000k

サイズが50Mバイト以上のもの


2003年01月24日 kinnekoさん来襲

www.si-linux.com

www.si-linux.com復活!
国内ホスティングサービス会社に変えました。1/8に止まったので16日間ダウンしてたことになるなぁ。大損害だ。
DNSが浸透するのにあと数日かかるかもしれません。

CAT709

kinnekoさんが12時に到着し、午後10時まで打ち合わせ&簡易off?

みたいな感じで来ていただきました。

CAT709をデモしました。CAT709はじめて人前に出る。これがでびゅぅ。

KNNOPIX-JP

ちょうどkinnekoさんがKNNOPIXの日本語版を動かしていたので、せっかくなのでお願いしてあれこれデモをみせてもらった。-JP版の開発リーダーでもあるし贅沢なチャンス。
さらに、セルフ再ビルドにもチャレンジ。しかしHDDの不良セクタで途中で断念。

実は・・・数日前から考えていたんだけど、CAT709の開発環境はCDROMブートのKNNOPIXでよいのではないかと。KNNOPIXにクロス開発環境を突っ込んでしまってそれを提供すれば、いちいちユーザーさんにクロス開発機を用意してもらわなくてもOKだとおもう。

2003年01月25日 土曜日

イーオン

受身形 America was found by Columbus.

単純な文法だけどとっさには口には出てこないんだよね。

CAT709

消費電流を計測した(5Vラインにて)
ブートROM内でキー入力町無限ループ実行時 660mA
Linuxブート時730mA
Linux起動後静かにしているとき200mA
Linux上でプロセス全力RUNNING時700mA
MELCOの無線LANカード(WLI-CF-S11G)を使うと50mA UP。

サルサ

今年初のエルココ(サルサクラブ)。今回も独りで行く。夜8時半からサルサナイト。顔見たことない子が何人か着てた。 踊ってもらったらLAっぽかった。ターンがシャープだったし社交とかもやってたんじゃないかな。一人春日井の子を発見。ライムストーンに誘う(笑)


iショットで撮ったので訳わかんない写真(笑)暗いししゃあない。

2003年01月26日 インド人

カレー

知り合いの家でインド人の友達を呼んでカレーパーティーがあった。インド人に聞いたのだけども、インドでは恋愛結婚はものすごく少なくて、親が決めた許婚やお見合い結婚が大半なんだそうな。カースト制度があるためだって。それからインドではファミリーネームを持たないそうな。父親の名前をファミリーネームとして使うのだそうな。それから息子(長男)には祖父の名前をつけるんだと。俺の祖父は包雄、親父は実というのだが、そうすると、祐太郎の息子は包雄、その息子は実、その息子は祐太郎。で3代でグルグルまわって、それがファミリーネームの役割になるのだって。


2003年01月27日 増設CF

CAT709

よっしゃぁ。増設CFソケットでもPCMCIA動作したぜぇ!とりあえず無線LANで動作検証

表と裏。スパゲッティー配線だけど機能試験だからOKっしょ。 以上でバス周りも含めて全機能を検証した。CAT709試作のページにマザーボード回路図をアップロードしておきました。
ftp> get bzImage-2.4.19-e2c /dev/null
local: /dev/null remote: bzImage-2.4.19-e2c
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for bzImage-2.4.19-e2c (887462 bytes).
226 Transfer complete.
887462 bytes received in 1.50 secs (576.3 kB/s)
ftp> get bzImage-2.4.19-e2c /dev/null
local: /dev/null remote: bzImage-2.4.19-e2c
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for bzImage-2.4.19-e2c (887462 bytes).
226 Transfer complete.
887462 bytes received in 1.41 secs (612.8 kB/s)
CPUボード上CF無線LAN実効速度
ftp> get  bzImage-2.4.19-e2c /dev/null
local: /dev/null remote: bzImage-2.4.19-e2c
200 PORT command successful.
150 Opening BINARY mode data connection for bzImage-2.4.19-e2c (887462 bytes).
226 Transfer complete.
887462 bytes received in 1.35 secs (644.2 kB/s)
増設CF無線LAN実効速度。当然あんまり変わらない。
あ。RTCのレジスタがめちゃめちゃになって起動しなくなったら、"CPU基板をはずした状態で" 3.3BAT端子(CN1-A5)とGNDをショートさせて、RTCにつながっている0.1uFを放電させると直ることがわかった。たった0.1uFの電荷でもしばらくRTCが動く?ところがすばらしいんだかなんだか。CPUをマザーボードに取り付けたままショートしさせたらマズイ。マザーボード上の0.1F(スーパーキャパ)が短絡して、、んー。怖いことになりそう。

XAX

今日は加藤コーチのbodypumpがあったのだが、半田作業をしてたので行けなかった。腕立てして寝る。ってかもうAM5時だし。


2003年01月28日 その日のうちに

CAT709

しょっぱなの50台のGO決定!

少しずつドキュメントのほうを整備開始。

セクション無し

日付が変わる前に日記が書けるのは珍しいなぁ。喉が痛いので早めに寝ることにする。


2003年01月29日 ぐはぁ風邪

昨日は名古屋も雪すぎ。えびちゃんは風邪でダウン。寝てた。

サルサ

それでも週一のサルサの日だもんで、夜にライムストーンに無理無理顔出した。

SonrisaとIschutとアチが来てた。雪なんで一般のお客さんは皆無。
それから、「プーチン大統領」というあだ名を頂戴した(微妙だ)

2003年01月30日 風邪^2

風邪

38.5度くらい。社屋でビョーキが蔓延している。やばい。

一部で結膜炎も猛威を振るっているし。


2003年01月31日 頭痛日

インフルエンザじゃない?

38度台が続いてしまってフラフラするんで仕方無しに病院に行った。診てもらったところ、喉の炎症はなし、聴診問題なし、吐き気も気持ち悪くもない(焼肉だって食えるしビールも飲めるぞ)、黄疸もない。ただし頭痛はひどい。単なる高熱が続くってのは逆に怪しいんだそうな。風邪だと思って市販薬で済ますのは悪い癖だから病院に来いと怒られてしまった。「アンディーフグは高熱我慢してて白血病で倒れたんだから。」とかとか怖いことをいわれてしまった。

血液検査、レントゲン、尿検査をした。結果は明日わかるそうな。インフルエンザじゃないかもしれんて。まぁ風邪だと思うけど。

一応夜から頭使わない仕事をする。月末だから伝票整理や会計帳簿入力がたくさんあるし。