トップ «前の日記(2003年03月16日) 最新 次の日記(2003年03月18日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2003年03月17日

仕事

仕事のため上京
http://www.catnet.ne.jp/triceps/sem/c030317a.htm

ぷらっとこだまエコノミーグリーンで東京まで寝ながら行こうと思って朝9時ジャストに名駅に到着するも、9:13のこだま号は売り切れだって。なーんだぁ。結局普通に新幹線になった。

こだまで行くつもりがひかりになったので予定より1時間早く東京に着いた。まだ時間があるので秋葉原へ。このへんが根っからのエンジニアだね。名古屋は晴れてたのに東京は小雨だ。

秋葉原駅についてまず驚いたのは、山手線ホームの上野側から直接一階に下りる階段(とエスカレータ)が増設されたこと。

い・いつのまに??以前は中央にしか階段がなくて狭くて人があふれてたもんな。この階段はかなり高得点間違い無しだ。ビジュアルブックマークだ!と心の中で叫びながらデジカメで写真を撮ってきた。

秋葉原にいった理由はもちろん、CAT709のコネクタ(FC4B)が未だに入手できないので店頭在庫を探そうとおもったからだ。真っ先に秋葉原の一番こゆい界隈(正式名称は知らないが秋月通りと呼べばその筋の人は皆理解する)に向かう。

HRSのコネクタを探しつつ面白そうな半導体をチェック

3AのDCモーター用Hブリッジ(PWMスイッチング制御入力端子つき)が百円だった

秋月通りでHRSコネクタが見つからないのでラジオデパートに戻ってみることにする。
望み薄いなぁ。なんでも揃うって看板がすでにむなしい
(ラジオデパートにおいてある部品てみな古いんだもの)

あぁっ!!テクトロのカラーデジタルオシロスコープが14万円!!
ほすぃ!!コレさえあればなんなことやこんなことがっ!!
それにこれくらいしっかりした電源装置もほしい。垂涎の品々だ。
どんどんビジュアルブックマークだ。

ラジオデパートうろついたけどやっぱりコネクタ見つからない

ところでメディアがかなり安くなっている。 DVD-Rで1枚110、CD-Rは1枚23.8円だって。安ぅ。

喫茶店"エビハラ"。少なくても20年以上前から営業しているところを見たことが無い。立地条件は悪くないのに

イロモノ屋のあきばお〜にも寄る

いきなり俺を出迎えてくれたのは953円の英会話教材「TO BE NATIVE」「英会話教材の決定版」だ。
しかもその上に電子レンジ用コーヒーメーカーが重ねて販売してある。さすがである。味わい深い。
当然ビジュアルブックマークしたが、ネタ用に買ってくればよかったかな。

こっちではホワイトレーベルのCD-Rが1枚34円。ビジュアルブックマークは便利だ。

中央線と総武線が立体交差するあたり。
俺が子供の頃ここで電車見て喜んでいた。

というわけで今日の仕事場に到着だ。

サルサ

うふふふ。うふふふふふふふ。
もちろん仕事で上京したのだけども、今回の上京には 『六本木デビュー』という副題があったのだ。昼間の仕事はLinuxデバイスドライバー入門の先生なんだが、無難にこなす。ていうか朝から頭の中はSalsaのリズムだ。カーネルのmake画面ですらクラベ打っているに見えてくる。

昨日日記書いたんだけど事情により一部を削除。Calizaのページのほうに移動させることにした。

17時に仕事を終え、ホテルに荷物を置いて出発。ちょっと迷って19:05にCaribeに到着。Caribeはエントランス\1300(w/1dr)、レッスンは初心者レッスン無料、初中級90分 \1000。安いな〜。\2300で5時間以上も遊べるんだもの。

広さはEl CoCo の 1.5倍といったところか。LA HABANAの鏡のあるほうのスペースくらい。もちろん鏡はない。ここが六本木のサルサの老舗かぁと感動を覚えつつ、ちょうど初心者無料レッスンが始まるところだったのでいそいそと参加した。はじめはOn2だと思ってて、On2難しそうだなぁとおもってたら、On1だった。MIUちゃんというかわい〜い先生だ。もちろん2ショットでビジュアルブックマークだ v(^^)v MIUさん、ご指導ありがとうございます

月曜日は初心者向けの日ということだった。生徒人数は女性8人、男性5人といったところ。男性は初心者が多かった。初心者向けレッスンとはいっても、今日のお題は初心者にはちょっと難しかったかもしれない。スタイルはLAっぽいのだけど森田先生がいうには南米スタイルだって。女性に優し〜いリードで、キレ良くスパッと。そんな感じ(^^

レッスン中に「後で踊ってくださいね」と約束しておいた子と((サルサ初心者の男性諸君!レッスン中に「後で踊ってくださいね」と声かけとくのは有効技だよん))今日のお題の復習的に踊ってもらったりしながら普通のダンスパーティーに。流れ的にいい感じ。10時過ぎくらいからだんだん人が増えてきた。外国人はあまりいない。日本人の20代,30代の若い人ばかり。みなOn1のLAスタイルで、キューバンスタイルの人は皆無だった。俺は最近覚えつつある自己流LA(これをガンバスタイルとしてJISとIEEEに登録してもらおう考えている。仕様書かかなきゃ)で対応しつつ、たまにキューバンの荒くない技(セテンタ系)を入れたりして個性を主張(A^o^;)

12時前くらいまで居て、10人くらいと踊ってもらった。女性のほうから「踊ってください」と2人から声かけらたので俺的には勝利。やっぱり、"キレ良く" やさしいリードだよね。テンション感じあいながら一体感感じられるようなサルサができれば最高!もっと修行積まなきゃ。

MIUさんとも何回か踊ってもらった。MIUさんが言うにはもともとキューバンスタイルから入った?とかで「懐かしい感じがする」と感想を言われた。微妙な表現だ。

Caribeのお客さんはみんな気さくで楽しい人ばかりで、カウンターで気軽に話ができるひとばかりだった。卒業して神戸に帰るという、名前聞いたけど忘れちゃった子、元気でね。MIUさん、また修行積んで遊びに来るので踊ってくださいね。サルサって一期一会ですね。同じ人同じ時間同じ場所同じ曲というのは二度とない。だからこそ、一曲には物語があって、初めと終わりがあるんだなぁと、昔だれかが語っていた言葉を思い出した。

最後に森田先生とがっちり握手をして岐路に着いたのでした。六本木サルサCaribeいい店でした。最後にひとつ、ラティーノの店員さんには西語で挨拶くらいできたらいいなぁとやっぱり感じた。!Muchas Grasias!