トップ «前の日記(2003年08月25日) 最新 次の日記(2003年08月28日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2003年08月26日

tdiary

googleを含むロボットにキャッシュされないようにする設定。
http://www.google.co.jp/intl/ja/remove.htmlによると

サイトのコンテンツをロボットがアーカイブしないようにするには、
以下の NOARCHIVE メタ タグを使用します。
このタブをドキュメントの <HEAD> セクションに次のように挿入します。
< META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOARCHIVE" >
tdiaryのコードを見たところ、plugin/00default.rb ファイルを編集すれば、とりあえずよさそうだ。強引だけども。
#
# default HTML header
#
add_header_proc do
        calc_links
        <<-HEADER
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=#{charset}">
        <meta name="generator" content="tDiary #{TDIARY_VERSION}">
        <META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOARCHIVE">  <---追加
        #{author_name_tag}
        #{author_mail_tag}
        #{index_page_tag}
        #{css_tag.chomp}
        #{title_tag.chomp}