トップ «前の日記(2003年11月08日) 最新 次の日記(2003年11月10日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2003年11月09日 曇り

【include/asm-sh/io.h】のコメントの意訳

#define dma_cache_wback_inv(_start,_size) \
    __flush_purge_region(_start,_size)
  もし必要ならばキャッシュの中身をRAMに書き出すことによりキャッシュとRAMの
  コヒーレント(一貫性)を持ちます。さらにこの関数は、必要ならば外部からメ
  モリへのDMA転送の前にキャッシュを部分的に無効にします。
#define dma_cache_inv(_start,_size) \
    __flush_invalidate_region(_start,_size)
  キャッシュの一部を無効にします。キャッシュのダーティラインはRAMにライト
  バックされるかあるいは単に廃棄されるかもしれません。このオペレーションは
  メモリへのdmaオペレーションの前に必要です。
#define dma_cache_wback(_start,_size) \
    __flush_wback_region(_start,_size)
  キャッシュのダーティーラインをライトバックします。キャッシュを無効にしま
  せん。DMAがメモリから読む前にこれを使用します。