トップ «前の日記(2004年09月12日) 最新 次の日記(2004年09月14日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2004年09月13日

仕事

上京しました。東京にてLinuxデバイスドライバーセミナー講師の仕事です。たまに先生をやらせてもらう機会を頂きますが、これは僕が勉強させていただく良い機会になっています。はっきり言ってコンピュータ関連のセミナーなんて面白いわけがありません。danceや、何らかのアクティビティーのレッスンなら体も動かすし、少なくても眠くはならないでしょうけど、座学中心でしかも10時間とか続くのだから座っている方もさぞかし苦痛でしょう。興味があって来て頂いている方がは熱心ですが、会社命令でセミナーに行って来いといわれて来て頂いている方は、ただ座っているだけの時間なんてもったいなくて仕方がないかもしれません。本来の自分のお仕事は忙しいでしょうし。会社での自分の仕事が気になるかもしれません。

自分の場合は講師と言っても数ヶ月に一度くらいお引き受けする程度なので、テーマは毎回同じ。タイトルも毎回同じ。テキストも毎回同じなのでそれほど大変ではありません。それを考えるとサルサの師匠は大変だなぁと尊敬します。だって毎週毎週新しいテーマを考えて生徒さんを飽きさせないようにする努力をしているでしょう。すごいなぁと感心します。なんで毎週のようにネタが思いつくのかなぁ。

自分の場合は数ヶ月に一度だし、同一のセミナーなので同じ方は2度は見えません。同じ会社でも順繰りに違う人に来ていただいています。同じテーマで何度も話していると話す側にも慣れを背景にした手抜き感が生じてしまいがちですが、それではいけません。この方たちとは一期一会。もう会うこともないかもしれないので真剣に話をするように心がけています。

自分に置き換えて考えると、座学中心ではやっぱり眠気が襲ってしまいます。ですので、なるべく手を動かすように、メモを取って頂くようにしています。単に、寝ててもテキストを持ち帰えれば出張報告となるような甘いテキストではなく、話を聞いて書き込まないと完成しないようになっています。『今から話す内容はテキストには書かれていない重要な点なのでメモを取ってください』『テキストは間違い探しになっていまして、間違っている箇所を考えてみてください』。え?ばれてしまいましたか。単にミス記述や説明不足なテキストなので(A^^;;申し訳ないです。

サルサ

ここのところ上京しても仕事がらみのお誘いを受けることが多く六本木界隈にでかけることはありませんでした。今日はたまたまフリーだったので半年ぶりくらいにcaribeに行って見ました。普段の生活からは考えられないくらい早く仕事が終わり(5時頃におわったので)、店にも早くついたので、せっかくですから初心者レッスン、初中級レッスンと2コマ受けてみました。

名古屋のシステムと違い、東京のサルサクラブでは、エントランスで店にチャージを支払って入店し、レッスンを受けるならインストラクターに直接現金を手渡す方式が一般的です(名古屋だとレッスン料とチャージ(入店料)がセットになっててエントランスで支払います)。また、入店してしまえばレッスンの見学はokという事が多いです。レストラン営業しているところは食事しながらレッスンを見学してもokというスタイルですね(sudadaとか)。今回はMIUさんのお弟子さんの女性の方がインストラクターをされていました。2,3度お会いしたことがあるのですが、うれしいことに覚えていてくださいました。レッスン料は1コマ1000円、ふたコマなら1500円と、まぁ相場っくらいでした。名古屋だと月曜日からクラブで踊るのは難しいのですが、さすが有名なcaribeですね、15名程度の方が見えました。平日の店のエントランスは安いのですがそのかわりドリンクは高めの設定です。安くてビール1000円(名古屋なら500円がが相場)。安く踊りたいなら大阪が一番安めかなと思います。

さて半年振りのcaribeは、以前より客が減ったのかなぁという気がしましたが、これは月曜日だからかもしれません。週末は立っている場所もないくらい混んでいるのでしょう。レッスンのあと女性は5人くらいパーティに残りまして2,3度踊っていただきましたが、某blogで某Yさんが言ってみえたように、こちらのスタイルではプレパレーション(事前準備)が大きめなようです。上手く文章に書けないのですが一度逆向きに振って勢いをつける?ような感じというのかなぁ。それでタイミングを合わせると綺麗に踊っていただける感じです。caribeではLA風味が主流ですが、踊るとすぐに「あなたキューバンでしょう?」といわれます。やっぱバレますね。もっとも僕の場合はごちゃまぜ名古屋スタイルですけど(A^^;。そんなことより、今回caribeに来て、ものすっごいダンスペアに遭遇しました。キューバンスタイルのペアなんですが、名古屋では見たことないくらい美しい!。今までサルサやってて、一番すげーとおもったくらいのペアでした。キューバンってこんなにカッコイイんだ!!と驚くほどの男性の男らしさと、フォローの女性の5回転でも9回転でも全くブレないスピン。曲を知り尽くしている運び方。踊りつくしているペア独特の雰囲気(視線だけでもリードできるというよな)。見とれてしまいました。

たとえば、中途半端は何事も美しくないのですが、よく口の悪い人はキューバンをガニガニ系と言ったりしますが、それは例えば僕とかが中途半端に踊っているからそう見えるんであって、完璧に踊れば男らしさはぴか一だなぁと驚きました。口が悪いついでに言うと中途半端にLAを踊ると単にナヨっぽくみえてしまうのと同じなのかもしれません。文字で説明するの難しいので、手マウス(ノートパソコンのタッチパッド)で適当に書くと

(わはは。下手な絵で申し訳ないですが一応人間のつもりです(A^^;; )例えば基本的な右回りだって、こんなん可笑しいというかカッコよくないんですよね。

なんでカッコよく見えないかというと腰が引けてるからなんですよね(あとひじを上げすぎるという点も)。だからカッコよく見えないと思うわけです(これはあくまでも僕の頭の中のイマジネーションです。僕が踊れている・踊れていないという問題じゃありません(A^^;; )

極端な例はこんな感じで、腰が引けるとこうなってしまう。気をつけてないと、自分もついつい腰が引けてしまっていたりします。しつこいですがこれは人間です。アリじゃないです。(A^o^;;

基本となるクロスボディーリードというのは適度な距離感(近すぎず遠すぎず)で女性の背中のテンションが感じられる距離が全てを決めるのだとおもうのです、見ててカッコイイしね。

僕の悪い癖のひとつに、クロスボディーのカウント4の時に右足を内股に寄せてしまうってのがあるんです。カッコ悪いなぁと思いつつ、分かってるんですけど直せない。

それから僕は今までこういう男性が後ろ向きになって、手を払ったり頭の上を右左右と動かすような流れ(なんというか分からないのですが・・・)って難しいしパーティーでは無理ちゃうかなぁとあきらめてたんですが、さっき話したように今日カンペキなダンスを見てしまったので惚れ直しました。

今日はいいもの見せてもらえました。まだまだ精進が足りません。練習しようっと。

サルサ

それから、週末のelococoよろしく、いつものようにビールを2杯ほど飲んでお酒の入った状態でお誘いしたら、一人の女性から断られてしまいました(*_*)うーん、失礼なことはしていないつもりでしたが、お酒の入った人とは踊らないというポリシーの女性もいるようです。そのポリシーも間違いではありませんね。中にはお酒の勢いで非ジェントルな振る舞いをする人も居るかもしれません。名古屋elcocoの場合は、酔っぱらい、あほあほダンスチームというジャンルが確立していますが(A^^;; こちらの事情も一応勉強になりました。

ホテルのサービス

その後11時ころに撤収し、遅めの夕飯をラーメン屋で取りました。神田には美味いラーメン屋がたくさんあります。先ほどのクラブに比べるとビール300円がやけに安く感じてしまって、辛子高菜をつまみにしているうちに、小銭の金銭感覚が完全に狂った状態で1時間ほど飲んでて(A^^;; さらにコンビニで缶ビールを買ってビジネスホテルの部屋で日記を書いているという次第です。こうなるとビールはもやは酒ではないですねぇ。なんだか麦茶と変わらなくなってきます。よくビール腹といいますが、ビールと一緒にツマミに油分をとるから太るのであって、ビール"だけ"飲んでたら太らないようです。逆に夕飯がビール"だけ"という生活をしているとやせて不健康になってしまいます。

今回とまったビジネスホテルはLANが完備されネット使い放題というサービスを提供しています。僕のような職業の人間にはネット接続はかかせません。LANサービスもさることながら、少し意外なことがありました。ケイタイの電池が切れてしまったのでフロントの横においてあるコイン充電器を使うとしていたところ『お客様、ケイタイの充電でしょうか?でしたら充電器を無料でお貸ししますよ。そちらの機械を使うとお金がかかりますが無料で結構です』

なら何でこの機械おいとるん!!!
とすっげーツッコミをしたくなりましたがサービスがよいので感心しました。あと、ついつい機械屋としての心配事ですが、、おそらくこのコイン充電器はどっかのリース会社がホテルに頼んで置かせてもらっている業務形態だと思われるのです。機械を設置させてもらっている代わりに、置き賃として売り上げの何割かをホテルに置いて売り上げを回収するのでしょう。しかしホテルで充電器貸し出しサービスをしてしまうと売り上げが上がらない。リース会社は困る。結果としてメーカーも困る。うちも困るかもしれない。というコマルスパイラルを心配してしまいました。