トップ «前の日記(2004年09月30日) 最新 次の日記(2004年10月03日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2004年10月02日

サルサ

岐阜でサルサパーティが開かれるのは知っていたが、出だしが遅くなってしまったのでキャンセルさせてもらいました。ごめんなさい。埋め合わせは必ずします。m(_ _)m

先日妹が遊びに来たので基本ステップを教えてelcocoに連れて行った。ひとつ新しい発見をした。サルサは擬似的な恋愛に例えられるが、その通りだということが今回よく分かった(苦笑)。一曲踊る間、二人の気持ちがまるで恋人同士のようにひとつにならないと心に残るダンスはできないでしょう。身内だとそのような"心の陶酔"は出来ないのだ。当たり前だけど。笑。もちろん身内と踊ることが悪いとはいうことではなく、まったく別な家族愛の感情だということが分かった。少し照れるがいーものかもしれない。

サルサを踊るには気持ちと雰囲気がいかに大切かということだ。気分が乗らないときはそれなりのダンスしかできない。トランス状態に近いくらい感情が陶酔しているときに、そしてそれが二人で共有できたとき、踊っている二人にしか分からない駆け引きが生まれて、そうやって気持ちのよいダンスが踊れるのだろう。

ところで我が妹は(それなりに現役でスポーツの心得があるので)少し教えた程度にもかかわらず付いてこれてた事に驚いた。教えてくれた方々、相手をしてくれた方々、どうもありがとうございました。