トップ «前の日記(2004年10月08日) 最新 次の日記(2004年10月11日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2004年10月10日

F1日本GP

10月10日。待ちに待ったF1鈴鹿GPだ。台風の影響で土曜日の予戦が日曜日に延期となり、日曜の午前中に予戦を2回。午後に本戦というあわただしいスケジュールとなった。残念ながらフォーミュラドリームやインテグラカップといったサポートレースは中止となった。残念で仕方が無い。いつもより一回り大きく400x300画像で写真を載せる。

今年もバックストレートに陣取った。昨年とまったく同じ場所だ。スプーンコーナーから130Rまで見渡せるお気に入りの場所。空の様子は台風一過の快晴と思いきや、厚い雲が立ち込める曇天だ。それも去年と同じ。観戦場所の地面は土手なので泥地と化していた。去年と違って今年は丸太の椅子が設置されていた。
予戦一回目はウェットコンディション。一回目の予戦でトップはトゥルーリ@トヨタ。いきなりトヨタに乗ったトゥルーリがトップを奪って皆びっくり。結局予戦2回目の結果ポールはMシュー。琢磨は4位だった。

インテグラカップは中止になってしまったが、インテグラのレースドライバー達がコース上に出てF1パイロットとのハイタッチに備える。いいなぁ。

佐藤琢磨

Rシューマッハ (たぶん)

キミ・ライコネン。かっこえーなー。F1ドライバーの一番のイケメン

アロンソ フェリケマッサだという指摘が(A^^;;

そしてひときわ大きな歓声はチャンピオン・ミハエルシューマッハだ。

いやぁやっぱりサーキットはいいなぁ。TVでいつも見ている本人が生で見れるんだ。この感動は伝えきれない。

今年のイベントではホンダF1参戦40周年記念パレードが行われた。ホンダの博物館に飾っていあるマシンって動態保存なんだ!!びっくり。40年前のレースカー(ホンモノ!!)を走らせていた。

Honda RA272. 1965年1500cc. この前プロジェクトXで出ていたマシン。すげー。走っているよ(;_;)感涙

WILLIAMS Honda FW11. 1986年

LOTUS Honda 100T. 1988年. F1が1500ccターボだった頃のモンスターマシーン。

McLAREN Honda MP4. 1991年.

曇天だったのに、午後になったら晴れたよ!秋空が帰ってきた。

天気もよくなってきた。奥のコーナーはスプーンコーナー。Rが異なる2つのカーブを組み合わせたコーナーで、スプーンの形に似ているから。そして手前のバックストレートを駆け上がってきて、全速力で右手側130Rに突っ込んでいく。写真の上側のコースにクルマが見えて、スプーンコーナーの奥、ギャラリーが米粒のように見える遠くの方をぐるっと回ってきて、目の前を通過するまでわずか18秒しかかからない。すげーなー。あれ

運転してる
んだよなぁ。人間業じゃねーよー。

130Rって何であのスピードで曲がれるんだ?一瞬アクセルオフして(?)クルマの姿勢を変えてからまた全開で、130Rを超えたところが鈴鹿最高速ポイントとなる。

佐藤琢磨(だよなぁ...)300キロで走ってくるフォーミュラカーをデジカメで流し撮りするのはとても難しい。

レースのほうはMシューマッハのポールtoウィン。ウィニングランではアンチMシューはであっても、祝福の拍手で迎える。スタジアムの一体感がたまらない。また来年も楽しみだ。