トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2005年04月01日

仕事

某SH4LinuxボードでCFに苦労してしまっている。気晴らしにユーザーランドの構築を進めることにする。gccもglibcも新しくできたし、WindowsエミュレータでMSWordも動くようになったけどCFは難しいなぁ。

orzドメイン

2ちゃんねら専用に .orz ドメインが取得できるようになるそうだ。
http://internet.watch.impress.co.jp/static/uocchi/2005/04/01/orz.htm
え?もちろんネタっしょ。

2005年04月04日

サルサ

某掲示板にも書いてみたけども、TigreもJmaxも一宮も西尾も全部月末開催にしてるので行けないっす(*_*)。もちっとばらけてくれると嬉しかったりすると言ってみるテスト。

SH-Linux

debianベースなんだがrpmコマンドをビルドするために四苦八苦。今んとこのディペンデンシー。
rpm-4.0.4
  automake1.7
    cdbs-0.4.27
      springgraph
        libgd-gd2-perl
          dh-buildinfo
            build-essential
              python (>= 2.1)
        libgd2-xpm-dev (>= 2.0.28)
        libpng12-dev
      python-dev
        tk8.4-dev
        libdb4.2-dev (db4.2)
          gcj
          fastjar
          sablevm
            libffi2-dev | libffi3-dev  (gcc-3.3)
rpmをビルドするのにsablevmまでdependしてんの?う〜ん、噂にしか聞いたことのないjavaVM。今のcompile速度のまま計算を続けると2日っくらいで何とかなるかな。gcj,fastjarはパッケージはビルドできないかもしれないけどgcc-3.4のmakeで必要なファイルは起せそうだ。杉本様のおかげです。
gcc-3.4.3のビルド
pythonでまたハマりそうだ。
効率をuぷさせるために明日landiskもう一台買ってこようか。白箱ってのもでたようだし(!?)

2005年04月05日

SH-Linux

ビルドdependの迷宮に疲れたので機械にやらせることにする。てか、こんぴうた君なんだから自分でなんとかできんの〜?とりあえずツールを探す。

pbuilderchroot環境内でビルドしてくれるらしい。
http://www.j96.org/~kouji/diary/?date=200409
http://silver.lacmhacarh.gr.jp/diary/diary.200405.html

debaux-publish
buildしてapt-line用のファイルまで作ってくれるらしい。

でも、当たり前かもしれないけど debootstrap ん所までは自力で到達しなきゃいかんのねん(*_*)

SH-Linux

気を取り直してまずはdebootstrapから片付ける。debootstrapの.debをビルドしてインストールするところまでは
根性でなんとする。
とりあえず出来た。
# mkdir build-chroot
# debootstrap sid build-chroot/ http://debian.dodes.org/debian
E: Couldn't download aptitude
ファイルが無いとか言っているので、Packages.gzと/usr/lib/debootstrap/scripts/sid を見比べて存在しないパッケージは全部 --exclude= に指定して逃げる。adhocだが仕方ない。
# debootstrap --exclude=aptitude,debconf-i18n,e2fslibs,exim4,exim4-base,\
exim4-config, exim4-daemon-light,gcc-3.3-base,initscripts,libblkid1,\
libdb4.2,libgcrypt11,libgdbm3, libgnutls11,libgpg-error0,libnewt0.51,\
libopencdk8,ibperl5.8,libsigc++-1.2-5c102,libssl0.9.7,libstdc++5,\
libtasn1-2,libtext-charwidth-perl,libtextwrap1,libtext-wrapi18n-perl,\
sysv-rc,libcomerr2,libconsole,libperl5.8,libss2,libuuid1 \
sid build-chroot/ http://debian.dodes.org/debian
となってしまった(*_*)

pbuilder

debootstrapはやはり強敵だったので dodes の base.tgz からスタートすることにする(負けだ)。
 # pbuilder --save-after-login login
pbuilderはloginするときにbase.tgzを展開してchrootにログインするがexitすると結果を消してしまう(base.tgzに戻さない)。--save-after-loginとすれば(base.tgzにかき戻すので) logout 後にファイルが消えない。
Preparing to replace shellutils 2.0.11-11 (using .../shellutils_2.0.15-2_sh4.deb) ...
Unpacking replacement shellutils ...
dpkg: error processing /var/cache/apt/archives/shellutils_2.0.15-2_sh4.deb (--unpack):
 trying to overwrite `/bin/date', which is also in package coreutils
dpkg-deb: subprocess paste killed by signal (Broken pipe)
Errors were encountered while processing:
 /var/cache/apt/archives/shellutils_2.0.15-2_sh4.deb
む。とりあえず無理矢理
 # dpkg --force-overwrite -i shellutils_2.0.15-2_sh4.deb
して逃げる。んで
 # /usr/share/doc/pbuilder/examples/pbuildd/buildd.sh
 :
 :略
dpkg: unexpected output from `gcc --print-libgcc-file-name':
 `/usr/lib/gcc/sh4-unknown-linux-gnu/3.4.3/libgcc.a'
dpkg: compiler libgcc filename not understood: no gcc-lib component
/usr/share/doc/pbuilder/examples/pbuildd/buildd.sh: line 2: bogosort: command not found
awk: line 2: regular expression compile failed (missing operand)
\nArchitecture: [^\n]*(all|any|)
む。bogosortが無いってエラーと dpkg --print-architecture がうまく動かないエラー。bogosortはビルドして入れる。後者の方は gcc-3.0.4に戻したら動いた。むう

SH-Linux

苦労してしまったがpbuilderのビルドデーモンが走り出した。まだ不安定だけど。安定したらほっといてもパッケージ作ってくれるかな。

SH-Linux

pbuilderの/usr/share/doc/pbuilder/examples/pbuildd/buildd.sh 変更点メモ
 mkdir ${BASEDIRECTORY}/WORKING || true
 mkdir ${BASEDIRECTORY}/STATUS || true
 mkdir "$NOBUILDDEP" || true
-BUILDRESULTDIR=${PWD}/RESULT-deb
+BUILDRESULTDIR=/var/www/debian/sh4buildtemp
 mkdir "$BUILDRESULTDIR" || true
 
 STATUSFILE=${BASEDIRECTORY}/STATUS/$(hostname)-$$
@@ -35,7 +35,7 @@
     (
        cd $BUILDTMP
        apt-get source -d $PROGNAME
-       if sudo pbuilder build --hookdir "${HOOKDIR}" --buildresult . --logfile "$LOGFILE" *.dsc; then
+       if pbuilder build --hookdir "${HOOKDIR}" --buildresult "$BUILDRESULTDIR" --logfile "$LOGFILE" *.dsc;
then
            mv "$LOGFILE" "$SUCCESS"
            echo Build successful
        else
@@ -73,10 +73,10 @@
 
     # this part needs to be atomic
     status "considering $A"
-    if grep "^$A$" $AVOIDLIST; then
-       echo Skip.
-       continue
-    fi
+#    if grep "^$A$" $AVOIDLIST; then
+#      echo Skip.
+#      continue
+#    fi
     if echo "$A" | grep "^kernel-image"; then
        echo I hate kernel images.
        continue
@@ -88,7 +88,9 @@
     fi
     # end of atomic.
 
-    waitingroutine
+#    waitingroutine
+
+    echo "buildone $A"
     buildone $A
 done
waitingroutineは/etc/pbuilder/buildd-config.shをみるとわかるんだけど xlock が走るまで待つ(つまりアイドル期間中しか動作しないように)するための仕掛けらしい。全然動いてくれないのでソースを追ってやっとわかった。$AVOIDLISTはマニュアルによると./avoidlist ファイルを用意せよと書いてあるのだが読み込む部分が発見できず空文のままになってしまってgrepで止まってしまうバグ?があるようなのでとりあえずコメントアウト。
To set up pbuildd, there are some points to be aware of. 
 
> A file ./avoidlist needs to be available with the list of 
  packages to avoid building. 
> It will try building anything, even packages which are not
  aimed for your architecture.
> Because you are running random build scripts, it is better
  to use the fakeroot option of pbuilder, to avoid running the
  build under root privilege.
> Because not all builds are guaranteed to finish in a finite
  time, setting a timeout is probably necessary, or pbuildd 
  may stall with a bad build.
> Some packages require a lot of disk space, around 2GB seems 
  to be sufficient for the largest packages for the time being. 
  If you find otherwise, please inform the maintainer of this
  documentation. 
2005/04/05,20:25からpbuildd.shが走り出したのでとりあえずゴハン。

SH-Linux

2時間後にみてみたら
DEPWAIT  32個
  akregator     inkscape                libxml-handler-yawriter-perl tcm
  boot-floppies leafpad                 mecab                        the
  cddb.bundle   libapache-mod-relocate  mona                         ttcn3parser
  e16keyedit    libcalendar-simple-perl opensched                    varkon
  fortunes-es   libflash                python-unit                  webmin
  gpgme         libgtk2-gladexml-perl   scalemail                    xfce4-trigger-launcher
  gs-gpl        libshadow-ruby          spampd                       xmms-alarm
  ifrench       libtagcoll              sysfsutils                   xtell
FAILED    3個
  gemdropx  libfile-slurp-perl  pslib
SUCCESS  27個
  appconfig          irssi-scripts                                meta-ocaml
  boxshade           kernel-patch-2.4-supermount-ng               perl-byacc
  canlock            libacme-poe-knee-perl                        randtype
  cgi-extratags-perl libbusiness-onlinepayment-bankofamerica-perl sysadmin-guide
  chbg               libexif                                      tkdiff
  cwebx              libtext-glob-perl                            translucency
  dns-browse         lingoteach-lesson                            wmpinboard
  fpdns              linuxfacile                                  wmspaceweather
  fvwm-icons         lookup                                       wmsysmon
となっていた。まだあまり使えるものは出てこないな。

2005年04月06日

SH-Linux

iWAさんのWikiを初めて訪れる。しまった!!こんなに充実した情報があったのか!!
http://eggplant.ddo.jp/www/pukiwiki/
新しいbase.tgzもある。おおお。すんばらしい。
http://eggplant.ddo.jp/www/download/debian26/binary-sh4/
パッケージの充実っぷりもすごい。
今pbuilder走らせてるけど、おいらの所はgcc-3.0.4 なんだよなぁ。このまま続けてても意味無いような気がしてきた。早いうちにiWAさんのベースに入れ替えて再起動かけようか。
こういう仕事はマージできればうれしいのだけど。。。

SH-Linux

終了しました(2005/4/7) とりあえず会社(http://www.si-linux.co.jp/)からリバースプロキシを張ってlandiskでのビルド結果を世に出してみることにした。
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian_temp_sh4/
debian/sh4 機の /etc/apt/sources.list に
deb http://www.si-linux.co.jp/pub/debian_temp_sh4/  ./
を追加したら apt-get できるようになります。ただし
1. gcc-3.0.4 でビルドしています。
2. いつ辞めるか分かりません。
でもパッケージは日々自動的に増えていく(はず)なので何かの足しにはなるかもしれません。近々sh3版も開始します。sh3はほかにやっている方がいないと思いますので。けどgcc-3.4 の準備が出来てからだなぁ。

landisk

landiskの2台目を買ってきた。まだ売っててよかった。I/Oさんのファイル構成は完全に捨ててパーてーションを切り直した。
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on   fs
/dev/hda1              28G  128M   28G   1% /            reiserfs
/dev/hda3              83G  7.9M   79G   1% /var         ext2
て感じにした。/var がデカイのは、これからpbuilderを/var/cacheで動かす予定だから。iWAさんのiohack版のベースで構成した。

http://sourceforge.jp/projects/iohack/ ここから2005-4-4版のbase-sh4-for-landisk-20050404.tar.bz2をダウンロード

http://eggplant.ddo.jp/www/download/kernel26/ここからlinux-2.6カーネル linux-2.6.11-kogiidena-v0.2.src.gz をダウンロード

liloはcvsからダウンロード landiskをバラしてi386機につないでbaseを展開してzImageとboot.bを/bootにコピーしてクロスでliloを打ちこんでブート。ok。

一発で起動成功
iWAさんすげー。感謝感謝。初期のバージョンのメモ
#dpkg -l
Desired=Unknown/Install/Remove/Purge/Hold
| Status=Not/Installed/Config-files/Unpacked/Failed-config/Half-installed
|/ Err?=(none)/Hold/Reinst-required/X=both-problems (Status,Err: uppercase=bad)
||/ Name           Version        Description
+++-==============-==============-============================================
ii  adduser        3.63           Add and remove users and groups
ii  apt            0.5.28.1iohack Advanced front-end for dpkg
ii  apt-utils      0.5.28.1iohack APT utility programs
ii  aptitude       0.2.15.8-1.ioh terminal-based apt frontend
ii  at             3.1.8-11       Delayed job execution and batch processing
ii  base-files     3.1.2          Debian base system miscellaneous files
ii  base-passwd    3.5.9          Debian base system master password and group
ii  bash           2.05b-24       The GNU Bourne Again SHell
ii  bsdmainutils   6.0.17         collection of more utilities from FreeBSD
ii  bsdutils       2.12-10.iohack Basic utilities from 4.4BSD-Lite
ii  console-common 0.7.49         Basic infrastructure for text console config
ii  console-data   2002.12.04dbs- Keymaps, fonts, charset maps, fallback table
ii  console-tools  0.2.3dbs-56ioh Linux console and font utilities
ii  coreutils      5.2.1-2        The GNU core utilities
ii  cpio           2.5-1.2        GNU cpio -- a program to manage archives of
ii  cron           3.0pl1-86      management of regular background processing
ii  debconf        1.4.30.11      Debian configuration management system
ii  debconf-englis 1.4.30.11      small footprint English-only debconf
ii  debianutils    2.8.4          Miscellaneous utilities specific to Debian
ii  diff           2.8.1-11       File comparison utilities
ii  dpkg           1.12-1.10.27io Package maintenance system for Debian
ii  dselect        1.12-1.10.27io a user tool to manage Debian packages
ii  e2fslibs       1.35-6         The EXT2 filesystem libraries
ii  e2fsprogs      1.35-6         The EXT2 file system utilities and libraries
ii  ed             0.2-20         The classic unix line editor
ii  fileutils      5.2.1-2        The GNU file management utilities (transitio
ii  findutils      4.1.20-5       utilities for finding files--find, xargs, an
ii  gcc-3.0-base   3.0.4-7.dodes. The GNU Compiler Collection (base package).
ii  gettext-base   0.14.1-10iohac GNU Internationalization utilities for the b
ii  grep           2.5.1.ds1-4    GNU grep, egrep and fgrep
ii  groff-base     1.17.2-17      GNU troff text-formatting system (base syste
ii  gzip           1.3.5-9        The GNU compression utility
ii  hostname       2.13           A utility to set/show the host name or domai
ii  ifupdown       0.6.4-4.12     high level tools to configure network interf
ii  info           4.7-2.2        Standalone GNU Info documentation browser
ii  initscripts    2.86.ds1-1ioha Standard scripts needed for booting and shut
ii  iptables       1.2.11-8       Linux kernel 2.4+ iptables administration to
ii  klogd          1.4.1-15       Kernel Logging Daemon
ii  less           382-1          Pager program similar to more
ii  libacl1        2.2.23-1       Access control list shared library
ii  libattr1       2.4.16-1       Extended attribute shared library
ii  libblkid1      1.35-6         Block device id library
ii  libc6          2.2.5-14       GNU C Library: Shared libraries and Timezone
ii  libcap1        1.10-14        support for getting/setting POSIX.1e capabil
ii  libcomerr2     1.35-6         The Common Error Description library
ii  libconsole     0.2.3dbs-56ioh Shared libraries for Linux console and font
ii  libdb2         2.7.7.0-9      The Berkeley database routines (run-time fil
ii  libdb3         3.2.9-22       Berkeley v3 Database Libraries [runtime]
ii  libdb3-util    3.2.9-22       Berkeley v3 Database Utilities
ii  libdb4.2       4.2.52-18iohac Berkeley v4.2 Database Libraries [runtime]
ii  libgcc1        3.0.4-7.dodes. GCC support library.
ii  libgcrypt11    1.2.0-4        LGPL Crypto library - runtime library
ii  libgdbm3       1.8.3-2        GNU dbm database routines (runtime version)
ii  libgnutls11    1.0.16-9       GNU TLS library - runtime library
ii  libgpg-error0  1.0-1          library for common error values and messages
ii  libident       0.22-3         simple RFC1413 client library - runtime
ii  libldap2       2.1.30-3       OpenLDAP libraries
ii  liblocale-gett 1.01-17        Using libc functions for internationalizatio
ii  liblockfile1   1.06           NFS-safe locking library, includes dotlockfi
ii  liblzo1        1.08-1.2       A real-time data compression library
ii  libncurses5    5.4-4          Shared libraries for terminal handling
ii  libnewt0.51    0.51.6-20      Not Erik's Windowing Toolkit - text mode win
ii  libopencdk8    0.5.5-10       Open Crypto Development Kit (OpenCDK) (runti
ii  libpam-modules 0.76-22        Pluggable Authentication Modules for PAM
ii  libpam-runtime 0.76-22        Runtime support for the PAM library
ii  libpam0g       0.76-22        Pluggable Authentication Modules library
ii  libpcap0.7     0.7.2-7iohack0 System interface for user-level packet captu
ii  libpcre3       4.5-1.1        Perl 5 Compatible Regular Expression Library
ii  libpopt0       1.7-5          lib for parsing cmdline parameters
ii  libreadline4   4.3-11         GNU readline and history libraries, run-time
ii  libsasl2       2.1.19-1.5.ioh Authentication abstraction library
ii  libsasl7       1.5.28-6.4     Authentication abstraction library
ii  libsigc++-1.2- 1.2.5-4iohack0 type-safe Signal Framework for C++ - runtime
ii  libss2         1.35-6         Command-line interface parsing library
ii  libssl0.9.7    0.9.7e-3       SSL shared libraries
ii  libstdc++3     3.0.4-7.dodes. The GNU stdc++ library version 3
ii  libtasn1-2     0.2.10-3       Manage ASN.1 structures (runtime)
ii  libuuid1       1.35-6         Universally unique id library
ii  libwrap0       7.6.dbs-8      Wietse Venema's TCP wrappers library
ii  login          4.0.3-31sarge1 system login tools
ii  logrotate      3.7-2          Log rotation utility
ii  mailx          8.1.2-0.200405 A simple mail user agent
ii  makedev        2.3.1-77       creates device files in /dev
ii  man-db         2.4.2-21       The on-line manual pager
ii  manpages       1.70-1         Manual pages about using a GNU/Linux system
ii  mawk           1.3.3-11       a pattern scanning and text processing langu
ii  modconf        0.2.47         Device Driver Configuration
ii  modutils       2.4.26-1.2     Linux module utilities
ii  mount          2.12-10.iohack Tools for mounting and manipulating filesyst
ii  nano           1.2.4-3        free Pico clone with some new features
ii  ncurses-base   5.4-4          Descriptions of common terminal types
ii  ncurses-bin    5.4-4          Terminal-related programs and man pages
ii  net-tools      1.60-10.iohack The NET-3 networking toolkit
ii  netbase        4.21           Basic TCP/IP networking system
ii  netkit-inetd   0.10-10        The Internet Superserver
ii  netkit-ping    0.10-10        The ping utility from netkit
ii  nvi            1.79-22        4.4BSD re-implementation of vi
ii  passwd         4.0.3-31sarge1 change and administer password and group dat
ii  perl           5.8.4-8iohack0 Larry Wall's Practical Extraction and Report
ii  perl-base      5.8.4-8iohack0 The Pathologically Eclectic Rubbish Lister
ii  perl-modules   5.8.4-8iohack0 Core Perl modules
ii  procps         3.2.1-2        The /proc file system utilities
ii  sed            4.1.2-8        The GNU sed stream editor
ii  shellutils     5.2.1-2        The GNU shell programming utilities (transit
ii  slang1         1.4.9dbs-8     The S-Lang programming library - runtime ver
ii  slang1a-utf8   1.4.9dbs-8     The S-Lang programming library with utf8 sup
ii  ssh            3.8.1p1-8.sarg Secure rlogin/rsh/rcp replacement (OpenSSH)
ii  ssmtp          2.61-2         extremely simple MTA to get mail off the sys
ii  sysklogd       1.4.1-15       System Logging Daemon
ii  sysv-rc        2.86.ds1-1ioha Standard boot mechanism using symlinks in /e
ii  sysvinit       2.86.ds1-1ioha System-V like init
ii  tar            1.13.93-4      GNU tar
ii  tasksel        2.24           Tool for selecting tasks for installation on
ii  tcpd           7.6.dbs-8      Wietse Venema's TCP wrapper utilities
ii  telnet         0.17-29        The telnet client
ii  textutils      5.2.1-2        The GNU text file processing utilities (tran
ii  util-linux     2.12-10.iohack Miscellaneous system utilities
ii  whiptail       0.51.6-20      Displays user-friendly dialog boxes from she
ii  zlib1g         1.2.2-3        compression library - runtime
構成は
landy2:~# uname -r
2.6.11-sh
landy2:~# ldd --version
ldd (GNU libc) 2.2.5
である。

SH-Linux

昨夜から動かしていたpbuilder。ちょうど24時間たったところで
DEPWAIT
  218個
FAILED
   21個
SUCCESS
  136個
となった。いちおう動作することがわかったので、それを成果としていったん停止します。成功率は 86% ってところでした。

2005年04月07日

間違えてました

iWAさん=kogiidenaさん同一人物だと思ってました m(_ _)m

大変失礼しました。

SH-Linux

kogiidenaさんベースのgcc-3.4,glibc-2.3環境でpbuilderによるビルドデーモンが再び動き出しました。
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-iohack/binary-sh4/
aptラインに
deb http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-iohack/binary-sh4/ ./
を追加したらapt-getできるようになります。。。けど、ファイルがたくさんになって収拾がつかなくなるなぁ。pool形式か、旧debian形式にディレクトリを掘って並べるにはどうしたらいいのだろう?だれか教えてください。
それと、これはまだ実験段階で無保証ですがよろしければご自由にお使いください。

SH-Linux

kogiidenaさんの linux-2.6, glibc-2.3.4 環境でlandiskが動くようになった。chrootではなくてnativeで。kogiidenaさんに感謝です。
landy2:~# dpkg -l
Desired=Unknown/Install/Remove/Purge/Hold
| Status=Not/Installed/Config-files/Unpacked/Failed-config/Half-installed
|/ Err?=(none)/Hold/Reinst-required/X=both-problems (Status,Err: uppercase=bad)
||/ Name           Version        Description
+++-==============-==============-============================================
ii  adduser        3.63           Add and remove users and groups
ii  apt            0.5.28.1       Advanced front-end for dpkg
ii  base-files     3.1.2          Debian base system miscellaneous files
ii  base-passwd    3.5.9          Debian base system master password and group
ii  bash           2.05b-24       The GNU Bourne Again SHell
ii  binutils       2.15-5         The GNU assembler, linker and binary utiliti
ii  bsdmainutils   6.0.17         collection of more utilities from FreeBSD
ii  bsdutils       2.12-10        Basic utilities from 4.4BSD-Lite
ii  coreutils      5.2.1-2        The GNU core utilities
ii  cpio           2.5-1.2        GNU cpio -- a program to manage archives of
ii  cpp-3.4        3.4.3-12       The GNU C preprocessor
ii  debconf        1.4.30.11      Debian configuration management system
ii  debconf-i18n   1.4.30.11      full internationalization support for debcon
ii  debianutils    2.8.4          Miscellaneous utilities specific to Debian
ii  diff           2.8.1-11       File comparison utilities
ii  dpkg           1.10.27        Package maintenance system for Debian
ii  dselect        1.10.27        a user tool to manage Debian packages
ii  e2fslibs       1.35-6         The EXT2 filesystem libraries
ii  e2fsprogs      1.35-6         The EXT2 file system utilities and libraries
ii  ed             0.2-20         The classic unix line editor
ii  fileutils      5.2.1-2        The GNU file management utilities (transitio
ii  findutils      4.1.20-5       utilities for finding files--find, xargs, an
ii  gawk           3.1.4-2        GNU awk, a pattern scanning and processing l
ii  gcc-3.4        3.4.3-12       The GNU C compiler
ii  gcc-3.4-base   3.4.3-12       The GNU Compiler Collection (base package)
ii  gettext-base   0.14.1-7       GNU Internationalization utilities for the b
ii  grep           2.5.1.ds1-4    GNU grep, egrep and fgrep
ii  groff-base     1.18.1.1-7     GNU troff text-formatting system (base syste
ii  hostname       2.13           A utility to set/show the host name or domai
ii  info           4.7-2.2        Standalone GNU Info documentation browser
ii  initscripts    2.86.ds1-1     Standard scripts needed for booting and shut
ii  klogd          1.4.1-16       Kernel Logging Daemon
ii  libacl1        2.2.23-1       Access control list shared library
ii  libattr1       2.4.16-1       Extended attribute shared library
ii  libblkid1      1.35-6         Block device id library
ii  libc6          2.3.4-1        GNU C Library: Shared libraries and Timezone
ii  libcap1        1.10-14        support for getting/setting POSIX.1e capabil
ii  libcomerr2     1.35-6         The Common Error Description library
ii  libdb1-compat  2.1.3-7        The Berkeley database routines [glibc 2.0/2.
ii  libdb2         2.7.7.0-9      The Berkeley database routines (run-time fil
ii  libdb3         3.2.9-22       Berkeley v3 Database Libraries [runtime]
ii  libdb3-util    3.2.9-22       Berkeley v3 Database Utilities
ii  libdb4.2       4.2.52-18      Berkeley v4.2 Database Libraries [runtime]
ii  libgcc1        3.4.3-12       GCC support library
ii  libgcrypt11    1.2.0-4        LGPL Crypto library - runtime library
ii  libgdbm3       1.8.3-2        GNU dbm database routines (runtime version)
ii  libgnutls11    1.0.16-9       GNU TLS library - runtime library
ii  libgpg-error0  1.0-1          library for common error values and messages
ii  liblocale-gett 1.01-17        Using libc functions for internationalizatio
ii  liblzo1        1.08-1.2       A real-time data compression library
ii  libncurses5    5.4-4          Shared libraries for terminal handling
ii  libnewt0.51    0.51.6-20      Not Erik's Windowing Toolkit - text mode win
ii  libopencdk8    0.5.5-10       Open Crypto Development Kit (OpenCDK) (runti
ii  libpam-modules 0.76-22        Pluggable Authentication Modules for PAM
ii  libpam-runtime 0.76-22        Runtime support for the PAM library
ii  libpam0g       0.76-22        Pluggable Authentication Modules library
ii  libpcap0.7     0.7.2-7        System interface for user-level packet captu
ii  libpcre3       4.5-1.1        Perl 5 Compatible Regular Expression Library
ii  libpopt0       1.7-5          lib for parsing cmdline parameters
ii  libreadline4   4.3-11         GNU readline and history libraries, run-time
ii  libss2         1.35-6         Command-line interface parsing library
ii  libssl0.9.7    0.9.7e-2       SSL shared libraries
ii  libstdc++6     3.4.3-12       The GNU Standard C++ Library v3
ii  libtasn1-2     0.2.10-3       Manage ASN.1 structures (runtime)
ii  libtext-charwi 0.04-1         get display widths of characters on the term
ii  libtext-iconv- 1.2-3          Convert between character sets in Perl
ii  libtext-wrapi1 0.06-1         internationalized substitute of Text::Wrap
ii  libuuid1       1.35-6         Universally unique id library
ii  libwrap0       7.6.dbs-8      Wietse Venema's TCP wrappers library
ii  login          4.0.3-31sarge1 system login tools
ii  makedev        2.3.1-77       creates device files in /dev
ii  man-db         2.4.2-21       The on-line manual pager
ii  manpages       1.70-1         Manual pages about using a GNU/Linux system
ii  mawk           1.3.3-11       a pattern scanning and text processing langu
ii  modutils       2.4.26-1.2     Linux module utilities
ii  mount          2.12-10        Tools for mounting and manipulating filesyst
ii  nano           1.2.4-3        free Pico clone with some new features
ii  ncurses-base   5.4-4          Descriptions of common terminal types
ii  ncurses-bin    5.4-4          Terminal-related programs and man pages
ii  net-tools      1.60-10        The NET-3 networking toolkit
ii  netkit-inetd   0.10-10        The Internet Superserver
ii  netkit-ping    0.10-10        The ping utility from netkit
ii  nvi            1.79-22        4.4BSD re-implementation of vi
ii  passwd         4.0.3-31sarge1 change and administer password and group dat
ii  perl           5.8.4-8        Larry Wall's Practical Extraction and Report
ii  perl-base      5.8.4-8        The Pathologically Eclectic Rubbish Lister
ii  perl-modules   5.8.4-8        Core Perl modules
ii  procps         3.2.1-2        The /proc file system utilities
ii  sed            4.1.2-8        The GNU sed stream editor
ii  shellutils     5.2.1-2        The GNU shell programming utilities (transit
ii  slang1         1.4.9dbs-8     The S-Lang programming library - runtime ver
ii  slang1a-utf8   1.4.9dbs-8     The S-Lang programming library with utf8 sup
ii  sysklogd       1.4.1-16       System Logging Daemon
ii  sysv-rc        2.86.ds1-1     Standard boot mechanism using symlinks in /e
ii  sysvinit       2.86.ds1-1     System-V like init
ii  tar            1.13.93-4      GNU tar
ii  tcpd           7.6.dbs-8      Wietse Venema's TCP wrapper utilities
ii  textutils      5.2.1-2        The GNU text file processing utilities (tran
ii  util-linux     2.12-10        Miscellaneous system utilities
ii  whiptail       0.51.6-20      Displays user-friendly dialog boxes from she
ii  zlib1g         1.2.2-3        compression library - runtime
landy2:~# ldd --version
ldd (GNU libc) 2.3.4

SH-Linux

pbuilderを9時間動かしてのログ
DEPWAIT
  150個
FAILED
   14個
SUCCESS
   98個
failしたものの主なエラー原因
sh: line 1: po2debconf: command not found
Can't exec "html2text": No such file or directory
make: debconf-updatepo: Command not found
sh: line 1: po2debconf: command not found
sh: line 1: po2debconf: command not found
mv: cannot stat `debian/control.orig': No such file or directory
sh: line 1: po2debconf: command not found
sh: line 1: po2debconf: command not found
collect2: ld terminated with signal 11 [Segmentation fault]
sh: line 1: po2debconf: command not found
sh: line 1: po2debconf: command not found
make: dh_installdefoma: Command not found
ldがsgevなのは変だけど、他のものは単なるパッケージ不足だから直せると思う。
# pbuilder login --save-after-login
# dpkg -i po-debconf
# dpkg -i defoma
# dpkg -i html2text
# exit
したら直る(はず)。無いなら作る。

2005年04月08日

SH-Linux

sbuildを試してみる。試してみたメモ。
※この手法は正しくありません。sudoを使わないとhost環境を壊してしまうとか、chrootは別ユーザからsymlinkを張って使う、などいろいろ気をつけなければならないらしいけど今回は実験ということで。
# apt-get install sbuild
# cp /usr/share/doc/sbuild/configs/example.sbuildrc ~/.sbuildrc
# vi ~/.sbuildrc
 
 
$log_dir = "$HOME/logs";
$mailto = "xxxxxxxx@xxxxxxx.xx.jp";
 
1;     ← ファイルの一番最後に 1; と書くこと
update-sourcedeps するときに
http://buildd.debian.org/andrea/sh4/source-dependencies-unstable.gz
を wget しようとするのだけど、まだファイルが用意されていないので無理矢理だけどarch=i386としてソース依存関係ファイルをダウンロードする。
# vi /usr/bin/update-sourcedeps
 
 
#arch=$(dpkg --print-installation-architecture)
arch=i386      ←てな感じに無理矢理修正
 
 
# mkdir -p ~/rensyu/chroot/unstable
# cd ~/rensyu/chroot/unstable
# tar xzfv base.tgz     ← base.tgz は debootstrap等で作るか、どこかから貰ってくる
 
# mount -t proc proc ~/rensyu/chroot/unstable/proc/
# cp /etc/apt/sources.list ~/rensyu/chroot/unstable/etc/apt/
# chroot ~/rensyu/chroot/unstable
    (chroot)# apt-get update
    (chroot)# apt-get upgrade
    (chroot)# exit
# pwd
/root/rensyu  この位置で
# sbuild -v -A -d unstable -p successful jless_358-iso254-1
jless_358-iso254-1 って所は "パッケージ名_バージョン" とする。(具体的にはパッケージ名から.dscを取ったもの)うまくいけばカレントディレクトリにパッケージができあがっている。

sbuildって

どうやら
1. build-dep: なパッケージをapt-get でインストールする
2. dpkg-buildpackage する
3. 1で入れたパッケージをアンインストールする
という事をやってくれるみたい。build-depを再帰的にビルドしてくれるもではなさそう(それは他のパッケージを組み合わせるのかな)

2005年04月09日

SH-Linux

石川さんの日記からlinkを頂いたところ数十件のreferが。人気サイトからのlinkはありがたいです(-^^-)
ところでご紹介いただいたように、CQ出版社主催で
04/21(木) SH-Linuxマイコン入門
04/22(金) Linuxデバイスドライバ入門
開催します。CQさんで行うのはたぶん4回目っくらいです。笑える技術セミナーを目指しているんですがなかなかハズすことばかりです。受講料については私では決められないのでごめんなさい。

SH-Linux

pbuilderとsbuildを動かしてみた。どちらもすばらしいのだけど自分でほしい機能とは違っていた。
sbuild ... apt-get build-dep してから debuild して、build-depなものはremoveする
pbuilder ... 全パッケージをランダムソートしてapt-get source して debuild する。
俺のほしい機能はこういったもの
全部chroot環境で動かすとして,,,
 
1. パッケージ名を引数にしてコマンド起動
2. apt-get souce "パッケージ"
3. cd "パッケージ"
4. build-dep なものがあったら
      apt-get install をトライ
5.      パッケージ不在なら "不在なパッケージ名" を指定して、本コマンドを再帰呼び出し, 
        4に戻る
6.    build-dep がそろわなかったらerror
7. dpkg-buildpackage -us -uc
8. 出来上がったパッケージを サーバにアップロード
 
サーバではアップロードを受けて apt-ftparchiveで整理,Packages.gz を作り apt-get できるようにする
っていう動作を行うスクリプトがあればいろいろとうまく良くと思うのだなぁ。どっかに無いもんだろか。無かったら作るか。
このコマンドができたら、全パッケージをランダムソートして食わせれば一気に片付くと思う。

SH-Linux

話が前後してしまうけど2台目のLANDISK買ってきた話。


LANDISKだからLandy。"Landy"と"Landy2"。2台ならんでゴリゴリとパッケージビルド中。どちらもkernel2.6にしました。作業参考リンク
http://www.mizore.jp/wiki/index.php?LANDISK%2Fserial-console
http://www.mizore.jp/wiki/index.php?LANDISK%2Finstall-debian
http://eggplant.ddo.jp/www/pukiwiki/index.php?Kernel%202.6%20and%20Debian%20on%20LANDISK

屋上

ふと屋上に上がれるのだろうか。と疑問がわいてきた。非常階段を10階まであがって 柵をよじ登ると 少し努力をすると、、、

屋上に上がることができた。

田舎の都会って感じだった。
(あのツインタワーはJR名古屋駅セントラルタワーズ。名古屋弁で名駅(めーえき)と呼ぶ)

2005年04月10日

サルサ

あらためて自分の日記を読み返してみたら、コンピュータのつまんない話ばっかり書いてあっておもしろくも何ともなかった。
これはやばい。反省だ。
えびめもの原点に立ち返らなければならない。そう。えびめもは皆様のお役に立たない情報ばかり載っている個人日記だったはずだ。女の子の写真が載っていないえびめもなんて、えびめもじゃない。
そんなわけで久しぶりのサルサ日記。例によって週末のエルココに踊りに行く。土曜日のクラブは人でいっぱいだった。
エルココはいいね。仲間に会いに行く感じだ。土曜日も深夜になればなるほど混んできて踊るスペースもなくなってくるけれど、これからの季節はあたたかくなってきて、外のベンチスペースの居心地が最高に良くなる。ビールがおいしい。この店は中で踊るのも楽しいが外でくつろぐのももっと楽しい。


(プライバシー問題があるので写真掲載は本人の許可を得ています。アングル内に写っちゃった人はゴメンなさい)
最近思うだけどおおぶりに踊る人が多いよ!?もうちっとコンパクトに踊ろうよぉ。と切にお願いします。

写真をクリックすると大きくなります。

さっきも書いたけどエルココに遊びに行くのは踊りに行くというよりか仲間に会いに行く感覚に近い。だから土曜日のエルココは楽しいのだけれど、少し思うところがあるから来週から別なお店を順に巡ってみようと思います。名古屋にはほかにもお店があるもんね。一周まわってエルココに戻ってきます。


2005年04月11日

職業病だろうか

デニーズに飯を食いに行きメニューを見て

やべぇ
/etc(すら・えとせ)
に目がとまってしまった。。。

さくらさく。我が町春日井市も桜満開だ。





写真をクリックすると大きくなります。
日本人は桜が大好きだ。なぜ桜が好きなんだろう。桜が美しいのは、一斉に咲くところ、はかなく散り際が潔いところ。そして、来年もまた、同じように咲いてくれるだろうと、信じられるところなんだろう。来年もまた、楽しませておくれ。

2005年04月12日

SH-Linux

i386/debian/sarge での gcc-3.4 -v の出力結果を参考にしたいと思い i386機でchroot/sarge環境を作ろうとした。

ところがdebootstrapがうまく動かない。

# debootstrap sarge i386-sarge-chroot ftp://ftp.debian.org/debian/
  略
I: Validating /root/debootstrap/i386-sarge-chroot/var/cache/apt/archives/console-tools_1%3a0.2.3dbs-56_i386.deb
E: Couldn't download console-tools-libs
原因は woody の debootstrap に含まれる /usr/lib/debootstrap/scripts/sarge が古いからだそうだ。
http://ukai.jp/debuan/2002w/subversion.txt
仕方ないので ftp.debian.org から debootstrap-0.2.45 をダウンロード、ビルドしてやり直す。
へ〜。 debootstrap で .diff.gz ファイルが存在しないのだ。。。そりゃそうか debian にしか無いパッケージだからなぁ。
$ tar xzfv debootstrap_0.2.45-0.2.tar.gz
$ cd debootstrap-0.2.45/
$ dpkg-buildpackage -uc -us -d
$ cd ../
# dpkg -i debootstrap_0.2.45-0.2_i386.deb
今度はうまくいった。結果的には
 boss:~# gcc-3.4 -v
 Reading specs from /usr/lib/gcc/i486-linux/3.4.4/specs
 Configured with: ../src/configure -v 
 --enable-languages=c,c++,java,f77,pascal,objc,ada,treelang 
 --prefix=/usr --libexecdir=/usr/lib --with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/3.4 
 --enable-shared --with-system-zlib --enable-nls --without-included-gettext 
 --program-suffix=-3.4 --enable-__cxa_atexit 
 --enable-libstdcxx-allocator=mt--enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug 
 --enable-java-gc=boehm --enable-java-awt=gtk --disable-werror 
 i486-linux
 Thread model: posix
 gcc version 3.4.4 20050314 (prerelease) (Debian 3.4.3-12)
のようになった。sh4-linux-gcc-3.4.3 の configure の参考にする

2005年04月13日

SH-Linux

telnetでloginするとコネクションが切断されてしまう問題はcapとpamを差し替えてリブートすれば直るという情報を頂いた。
http://eggplant.ddo.jp/www/pukiwiki/index.php?Kernel%202.6%20and%20Debian%20on%20LANDISK
ありがとうございます。さっそく取りかかります。

SH-Linux

libpamをビルドするにあたり
# apt-get source pam
# cd pam-0.76/
# dpkg-buildpackage -uc -us
  略
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: linuxdoc-tools-latex tetex-extra
というところまで追い込んで
 # dpkg-buildpackage -uc -us -d -B
 略
pam_handlers.c: In function `_pam_parse_conf_file':
pam_handlers.c:267: error: label at end of compound statement
make[2]: *** [dynamic/pam_handlers.o] Error 1
て事でエラー発生。Linux-PAM/libpam/pam_handlers.c の267行目を見ると
 end:   
  }
へ!?。ラベルの後ブロックの終了ってステートメントはgcc-3.4ではエラーということになったのか?
 end:   
   ;
  }
と修正して再ビルド。今度は成功
warning: "_GNU_SOURCE" redefined
が大量にでたが無視。・・・・パッケージできた。
# dpkg -i libcap1_1.10-14_sh4.deb
# dpkg -i libpam0g-dev_0.76-22_sh4.deb
# dpkg -i libpam-modules_0.76-22_sh4.deb
んで login localhost にトライ・・・
orz...
ダメだ。。。。潔く負けを認めて http://eggplant.ddo.jp/www/download/debian26/binary-sh4/
から同パッケージをもらってきてインストール。
orz...
まだダメだ。。。なんで?どーしてん??(;_;)

SH-Linux

気晴らしにdistccに挑戦してみようかなと思う。
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/040716/j_l-distcc.html
distcc_2.18.3-2_sh4.deb パッケージは簡単にできた(debian/rules の configure で gnome は消した)
# dpkg -i distcc_2.18.3-2_sh4.deb
# vi /etc/default/distcc
 
STARTDISTCC="true"
ALLOWEDNETS="192.168.7.0/24"
 
# /etc/init.d/distcc start
2台のLANDISK、、、ここではlandy とlandy2 で distccd を起動
landyの方で
# export DISTCC_HOSTS="landy2 landy"
# export CC=distcc
# dpkg-buildpackage -us -uc
別窓でウォッチ
# distccmon-text  2
動いちゃったよ。(o_o)
だけど make の -jN オプションをつけてないから効果薄いかも。

SH-Linux

うかつだった。crosstoolsに関してはDan Kegelさんの所からいただいてくるが正解なのかもしれない。
http://www.kegel.com/crosstool/
あとこっちも当然チェック
http://linuxsh.sourceforge.net/cgi-bin/moin.cgi
あとこちらも
http://eggplant.ddo.jp/www/pukiwiki/index.php?GNU%20Compiler%20Collection%203.3.4
http://d.hatena.ne.jp/tera-p/200407 2004/7/25〜2004/8/5のあたり
ていうか俺がやろうとしていることは8ヶ月前に先輩諸兄がたどった足跡の再現にすぎないのだろう。
gcc-3.4やglibc-2.3といった大物のビルドはすでに先輩諸兄がクリアしていただいたのでその成果は計り知れないくらい大きい。

しかし、せっかくの有用な資料と成果物が日記の過去やwikiの奥底に埋もれてしまうのってもったいない。なんとかもっとうまく情報共有できないのだろうか。
まじで debian/sh* ってarchできないのだろうか。。。


2005年04月14日

すげぇ

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=12714
(きんねこさんの日記より)

ping

 # time ping -f 127.0.0.1
 Ctrl+C
 real   8m28.883s
 user   2m16.893s
 sys    6m11.100s
予想通りカーネル空間走行時間のほうが長い(sys>userって事)

2005年04月16日

仕事

雑誌記事の原稿締め切りが今月はGW進行のため10日も前倒しなのだって。聞いてないっすよ、と言ってみたけれど、言いましたよ。とあっさりと否定されました。たぶん聞いてあるのだと思います(A^^;;。そんなわけで今週はLandiskは休憩にして本業に打ち込みました。実験結果も良好。うん、これは手前みそだけど貴重な実験データと日本語資料ですよ。まだ言えませんがInterface7月号はmust buyです。

仕事

Interface誌2004年CDROM版
発売中らしいです。買ってね(^-^)

2005年04月17日

SH-Linux

某sh4基板が自律でlinux-2.6, kogiidanaバージョンdebian26 でブートするようになり、apt-get , gcc-3.4 セルフ環境くらいまで整ってきた。cardmgrの不具合はstraceで想像が出来るようになってきた。
mknod("/var/run/cm-8603-1", S_IFCHR|0600, makedev(254, 0)) = 0
open("/var/run/cm-8603-1", O_RDWR)      = 4
unlink("/var/run/cm-8603-1")            = 0
 
rt_sigaction(SIGPIPE, {0x296511c0, [], 0}, {SIG_DFL}, 8) = 0
syscall_309(0x3, 0x4385d8, 0x34, 0, 0x33, 0xd, 0x1, 0x12, 0x3, 0x69, 0x1, 0x6b, 0, 0x7e90, 0x41e1d8, 0x296511c0) = 0x34
rt_sigaction(SIGPIPE, {SIG_DFL}, NULL, 8) = 0
ioctl(4, DEVFSDIOC_SET_EVENT_MASK or DECODER_GET_STATUS, 0x4377c0) = -1 ENOSYS (Function not implemented)
見にくいけどこれだわ
デバイス(254,0)に対する
ioctl(4, DEVFSDIOC_SET_EVENT_MASK or DECODER_GET_STATUS, 0x4377c0) = -1 ENOSYS (Function not implemented)
今日はここまで

2005年04月18日

SH-Linux

LANDISK 早くも3台目をゲット。あれ?なんかヘンだぞ。

赤と緑のLEDが逆
に付けられてる。動作に支障はないんだけど(A^^;;
おいらが逆に取り付けたわけではないよ。最初から逆になってた
レア
な一品でした。

2005年04月20日

仕事

今夜から東京出張。。。なんだけど体調最悪。38度の熱が出てしまった。タイミング悪いなぁ。


2005年04月21日

仕事

東京出張。セミナー講師。風邪で声が出なくてご迷惑おかけいたしました。m(_ _)m

5時で仕事が終わり6時にホテルチェックイン。寝るには早すぎる。かといってカリベとか行っちまって体調崩したらお客様に迷惑おかけしてしまう。

てことで大人しくホテルでTVみながらビールビールビール。ベッドの上だからねー。いつひっくり返ってもokだと気がゆるんだ。気がついたら12時。しかし!これがいけなかった。さらに声がでなくなってしまいました。


2005年04月22日

仕事

東京出張。あーあ声がでなくなってしまいました。何とか解説をしたけどほんとご迷惑おかけいたしました。


2005年04月24日

サルサ

西尾でサルサパーティがあったのは知ってた(知り合いがパフォするのも知ってた)。タイガーカフェのパーティがあるのも知ってた。

けどどちらもパスした。あう〜。月末は無理だなあ。

F1

すっげー、まじすっげー、すごいよすごいよ。息ができないよ。なんだこのバトル!!。0.3秒の僅差で10周以上!!ここ数年で一番見応えがあった。前を逃げるアロンソ、追い上げるシューマッハ。新時代を狙う若手と譲らないチャンピオンの世代間の戦いだ。テールとノーズが接触しそうな距離で、ミラー越しに視線の火花が飛び散る!!興奮して涙が止まらない。

録画しときゃぁよかった。机たたきまくって興奮してしまった。アロンソすげー。


2005年04月25日

SH-Linux

4月7日から開始したpbuildによる自動ビルド。2台のLandiskで19日連続運転して4621パッケージのビルドが出来た。

1台のLandiskあたり、121パッケージ/日の計算だ。
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-iohack/binary-sh4/
aptラインに
deb http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-iohack/binary-sh4/ ./
と足せばapt-getできます。今日(4/25) pbuildd.sh の再起動をかけてapt-get updateがかかったから、build-depが改善されるはずなのでもうしばらく動かしてみる予定。

2005年04月26日

仕事

明日は朝6時出発で大分出張ってことが
たった今(PM8時)
決まりました。飛行機とれちゃったし。この状況でJmax出かけてたら漢(オトコ)なんだろうけどやっぱり無謀だ。これから準備〜。今夜は寝れないな。セントレア直行かな。でも国内でよかったよ。あす中国とか言ってたら大変だった。

そのまま湯布院、別府温泉に直行して休みに突入といきたいけれどそれもできないなぁ。明後日はこっちで打ち合わせだし。


2005年04月27日

仕事

てなわけで大分に行って帰ってきた。

どこに何しに行ったかは業務上書くわけにいかないが天気も良く作業しやすい気候だった。

あわただしく飛行機に乗り込んだのでおみやげはコレしかありません

帰りの飛行機から。四日市越しに伊勢湾を望む。眼下にナガシマスパーランドが見えた。
寝ずに行ったので寝むぃ。でもやっぱり仕事は大切だ。

2005年04月28日

最近気になっている本を3冊買った

オープンソース組み込みシステムeCos—μITRON&POSIX互換のハードリアルタイムOS完全詳説
今までeCosの解説本なんて無かったので初の(そして最後の?)本かもしれない。訳者の山中さんは、確か99年頃のSEAのセミナーに講師として来ていただいて、懇親会の居酒屋の座敷でどでかいブーツを脱いで上がって見えたのが印象的だった。その後2000年のソフトウェアシンポジウム金沢でもお会いした。当時はQNXにいらっしゃったと思った。eCosを知ってから早くも6年が経ってしまうのか。やべぇ。

プログラミングの力を生み出す本—インテルCPUのGNUユーザへ
各方面のblogで話題にされていたので興味を持った。

UNIXプログラミング—カーネルから見たプログラミング技法
いわずもがな我ら名古屋人の誇り、野首さんの著書。読まなきゃ。 (追記)人違いでしたが面白い本でした。

GW

明日から世間はGWだな。普段のGWは情けないことに仕事の遅れを取り戻す時期だったりするが、今年は仕事を先に進める時期に出来そうだ。休み中にあれもこれもやっておこう。

休んだり働いたり、何事もメリハリが大切だ。よい仕事をするにはよい気分転換も必要。