トップ «前の日記(2005年06月16日) 最新 次の日記(2005年06月18日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2005年06月17日

お勉強の続き

本を読んでてもイマイチぴんとこない輸入の勉強の続き。こういうことは実務を経験している知人に聞くのが一番。「なかおと」って何?と聞いたら、乙仲(おつなか)のことか?と、また笑われた(*_*)。CIF Japan(nagoya)にしておいたらセントレア空港までは荷物が届くじゃんね。その後どーするんだ?ということを聞いた。
1. 荷物の発送が決まったときに、パッキングリストと、インボイスと、AIR B/L(どの便に乗せるか) という書類を送ってくれるらしい(e-mail or fax)
2. その書類を乙仲業者(通関業者)に渡し、通関して届けてもらう。
3. このときに、運賃、手数料、関税の立て替え、消費税の立て替え、を支払えばいい(一般的には)

と知人に教えてもらった。ということはまずは通関業者との段取りが必要か。
税理士さんに聞いたところ、輸入の場合は消費税を日本国に納めなければならないらしい(消費地課税)。