トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2005年10月03日

Debian Sarge SH3/SH4

debian sh3/sh4 のaptラインに引き続き、base.tgz を準備しました。
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-sh/base/
CAT709で動くはずです。。。まだいろいろと未チェックなので趣味の範囲でお願いします(A^^;;

2005年10月04日

SH-Linux (SH3 SH4) kernel-2.6.13.2対応

IDEドライバのirqデフォルト値の設定の仕方が分かった。
include/asm-sh/<マシン名>/ide.h を下記のように用意して
/*
 * modifed by ebihara
 * 2005.10.04
 */
 
#ifndef __ASM_SH_CAT709_IDE_H
#define __ASM_SH_CAT709_IDE_H
 
/* Nothing to see here.. */
#define IRQ_CFCARD      34                      /* /dev/hda */
#define IRQ_PCMCIA      PINT_IRQ_BASE+11        /* /dev/hdc */
 
#endif /* __ASM_SH_CAT709_IDE_H  */
include/asm-sh/irq.h から呼び出すようにする。
#if defined(CONFIG_SH_HP6XX) || \
    defined(CONFIG_SH_RTS7751R2D) || \
    defined(CONFIG_SH_HS7751RVOIP) || \
    defined(CONFIG_SH_LANDISK) || \
    defined(CONFIG_SH_SH03)    || \
    defined(CONFIG_SH_CAT709)  || \     ← 追加
    defined(CONFIG_SH_CAT760)           ← 追加
#include 
#endif

CAT709用 2.6.13.2カーネル

公開します。これだけで分かる人向け
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-sh/kernel/

2005年10月05日

SH-Linux (SH3 glibc-2.3.5-6)

kkojimaさんのbugfix版でkogiidenaさんが作ったソースパッケージをSH3/SH4でセルフでビルドした。
real    1929m25.879s
user    1179m32.860s
sys     170m26.360s
sh3版はdistcc併用しても32時間かかった。その間
胃が痛いこと痛いこと(*_*)
無事に.debが出来たときには奇跡かと思った。二日間ultracat君が拘束されたのも痛かった。以下関連リンク
http://lists.sourceforge.jp/mailman/archives/iohack-users/2005-September/000224.html kkojimasaんによる解説
http://eggplant.ddo.jp/www/pukiwiki/index.php?%B3%AB%C8%AF%B4%C4%B6%AD%20%28debian26%C8%C7%29 kogiidenaさんのメモ
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-sh/pool/main/g/glibc/ パッケージプール

SH-Linux (SH3 linux-2.6.13.2 ext-ide)

ne.cをカーネルにstaticに組み込むとext-ideの割り込み(PINT11=IRQ75)が入らなくなる。do_IRQ()にprintkを挟むという原始的な方法でデバックしてみる(A^^;;
ne.c:v1.10 9/23/94 Donald Becker (becker@scyld.com)
Last modified Nov 1, 2000 by Paul Gortmaker
NE*000 ethercard probe at 0x300:<1>IRQ 41
IRQ 77
IRQ 76
IRQ 78
IRQ 41
IRQ 77
IRQ 78
IRQ 41
 10 20 30 40 50 60
eth0: NE2000 found at 0x300, using IRQ 35.
Uniform Multi-Platform E-IDE driver Revision: 7.00alpha2
ide: Assuming 50MHz system bus speed for PIO modes; override with idebus=xx
ide: SuperH generic IDE interface
hdc: HTS541040G9AT00, ATA DISK drive
ide1 at 0x170-0x177,0x376 on irq 75
hdc: max request size: 1024KiB
hdc: lost interrupt
hdc: lost interrupt
hdc: lost interrupt
おそらく、
1. 先に初期化されるne.cが割り込みプローブを行い、実態のない割り込み(IRQ41?)をdisableにしてしまう
2. そののち、IDEドライバがPINT11(=IRQ75)を起こしてもPINT8(IRQ41)がdisable状態なので動作しない
というロジックかと思われる。PINTをenableにするときは親側もenableにする改造が必要かと思われる。
今のところ俺しか困らないはずなので放置。

SH-Linux (SH3 linux-2.6.13.2 PINT割り込み)

Yes!ビンゴ! 想像の通りだった。以下のようなパッチでFix
arch/sh/kernel/cpu/irq_ipr.c
 static void enable_pint_irq(unsigned int irq)
 {
         unsigned long val, flags;
 
         local_irq_save(flags);
         val = ctrl_inw(INTC_INTER);
         val |= 1 << (irq - PINT_IRQ_BASE);
         ctrl_outw(val, INTC_INTER);     /* enable PINTn */
         portcr_mask |= 3 << (irq - PINT_IRQ_BASE)*2;
         local_irq_restore(flags);
 
+#if defined(CONFIG_SH_CAT709)
+        irq -= PINT_IRQ_BASE;
+        if(irq>=0 && irq <= 7)  enable_ipr_irq(PINT0_IRQ);
+        else if(irq <= 15)      enable_ipr_irq(PINT8_IRQ);
+#endif
 }

2005年10月06日

CAT760

Linux-2.6.13.2 の CAT760 版も実験してみた。8月に2.6.12にしたときに発生したシリアル入力が効かなくなる不具合が再発した。え〜とこのときはirq_intc2初期化もれかな。と書いてあるが実際にはintc2初期化不具合じゃなくて drivers/serial/sh-sci.c が SH7760 に対応していない不具合だった。以下のパッチで修正できる。
--- linux-2.6.13.2-sh/drivers/serial/sh-sci.c   2005-08-22 08:52:51.000000000 +0900
+++ linux-2.6.13.2-cat/drivers/serial/sh-sci.c  2005-10-06 01:51:09.003154109 +0900
@@ -429,7 +429,10 @@
 
 #if !defined(SCI_ONLY)
        if (port->type == PORT_SCIF) {
-#ifdef CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780
+#if defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7760)
+               /* CAT760 */
+               txroom = 128 - (sci_in(port, SCTFDR) & 0xFF);
+#elif defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780)
                txroom = SCIF_TXROOM_MAX - (sci_in(port, SCTFDR) & 0x7f);
 #else
                txroom = SCIF_TXROOM_MAX - (sci_in(port, SCFDR)>>8);
@@ -501,7 +504,7 @@
        while (1) {
 #if !defined(SCI_ONLY)
                if (port->type == PORT_SCIF) {
-#ifdef CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780
+#if defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7760) || defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780)
                        count = sci_in(port, SCRFDR) & 0x7f;
 #else
                        count = sci_in(port, SCFDR)&SCIF_RFDC_MASK ;
--- linux-2.6.13.2-sh/drivers/serial/sh-sci.h   2005-08-22 08:52:51.000000000 +0900
+++ linux-2.6.13.2-cat/drivers/serial/sh-sci.h  2005-10-06 02:01:22.197118581 +0900
@@ -393,7 +393,7 @@
 SCIx_FNS(SCxSR,  0x08,  8, 0x10,  8, 0x08, 16, 0x10, 16, 0x04,  8)
 SCIx_FNS(SCxRDR, 0x0a,  8, 0x14,  8, 0x0A,  8, 0x14,  8, 0x05,  8)
 SCIF_FNS(SCFCR,                      0x0c,  8, 0x18, 16)
-#ifdef CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780
+#if defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7760) || defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_SH7780)
 SCIF_FNS(SCTFDR,                    0x0e, 16, 0x1C, 16)
 SCIF_FNS(SCRFDR,                    0x0e, 16, 0x20, 16)
 SCIF_FNS(SCSPTR,                       0,  0, 0x24, 16)

CAT760

irq_intc2初期化について自分メモ。arch/sh/kernel/cpu/irq_ipr.cで
#if defined(CONFIG_CPU_SUBTYPE_ST40)
        init_IRQ_intc2();
#endif
として呼び出しているところでSH7760も|| orで入れようかと思ったけど boards/cat760/setup.c で行うことにする。
void __init init_cat760_IRQ(void)
{
  printk("init_cat760_IRQ()\n");
 
  /* SH7760 set IRQ mode*/
#define ICR 0xffd00000
  ctrl_outw(0x4280,ICR);
 
  /* SCIF0,SCIF1,SCIF2 */
  make_intc2_irq(52, 8,16,  0,11  ,3); /* SCIF0 ERI */
  make_intc2_irq(53, 8,16,  0,10  ,3); /* SCIF0 RXI */
  make_intc2_irq(54, 8,16,  0,9   ,3); /* SCIF0 BRI */
  make_intc2_irq(55, 8,16,  0,8   ,3); /* SCIF0 TXI */
 
  /* AX88796 */
  make_ipr_irq(33,INTC_IPRC,3,4);    /* GPIO */
  ctrl_outw(0x0040,PORT_GPIOIC);     /* PK7 */
 
  /* CF SOCKET 1,2 */
  make_ipr_irq(8, INTC_IPRD,1,2);    // CF1 IRL2
  make_ipr_irq(11,INTC_IPRD,0,2);    // CF2 IRL3
 
}
そしてLANの割り込みが入らなかったのは、 RTC9701JEドライバ側でPK7を「その他の機能」にしてしまっていたのが原因だった。GPIO割り込みを使うときは「入力」が正しい。

CAT760 AX88796

同一ソースなのにCAT760の場合のみ
eth0: timeout waiting for Tx RDC.
が出まくる・・・。pingの応答にも30msくらかかる。レベルの割り込みが消えてるのかな。エッジになってるとか。う〜ん。とりあえず drivers/net/ne.c に
#if !defined(CONFIG_SH_CAT760)
        while ((inb_p(nic_base + EN0_ISR) & ENISR_RDC) == 0)
                if (jiffies - dma_start > 2*HZ/100) {           /* 20ms */
                        printk(KERN_WARNING "%s: timeout waiting for Tx RDC.\n", dev->name);
                        ne_reset_8390(dev);
                        NS8390_init(dev,1);
                        break;
                }
#endif  /* CAT760 */
として対処する。害はないみたい。そのうち直します。pingも正常になった。
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.410 ms
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=5 ttl=64 time=0.418 ms
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=6 ttl=64 time=0.375 ms
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=7 ttl=64 time=0.419 ms
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=8 ttl=64 time=0.410 ms
64 bytes from 192.168.7.1: icmp_seq=9 ttl=64 time=0.415 ms

カーネル追いかけ

カーネルのクロスリファレンスが見れるサイト
http://lxr.linux.no/ident
http://glide.stanford.edu/lxr/ident

2005年10月07日

SH3 java

そういえばgcj一回も動かしたことがなかったので試してみた。
# apt-get install gcj libgcj5-dev
:モリモリとパッケージが入る。。。気持ちがいい。。
:
# cat > hello.java
public class hello {
    public static void main(String[] argv) {
        System.out.println("Hello Java World !!");
    }
}
# gcj hello.java --main=hello
# ./a.out
Hello Java World !!
うぉ。動いた。。遅いけど。。すげー。

2005年10月08日

SH3 sarge

kdelibまでのdependency
kdelib/
  libarts1-dev (arts-1.3.2)
     libasound2-dev (alsa-lib-1.0.8)
       libjack0.80.0-dev
          patchutils
          libsndfile1-dev
          libraw1394-dev
          libasound2-dev
     libvorbis-dev
       libogg-dev
alsaがループしてる。。手でやっつけないと。

2005年10月12日

SH3 sarge

kdelibのビルドが、distccサーバを併用しているにもかかわらず
丸三日たっても終わらない
遅々としては進んでるのだが(変な日本語だ)ファイル一個compileするのに1時間くらいかかってる。おっかしーなー。と調べてみるた。
どうやらdistccサーバにcompile依頼をしているのだが長時間応答が無くtimeoutしてlocalでやり直してるようだ。localで g++ -O2 なんてやってた日には何時間かかっても終わらないわけだ。distccサーバに障害が発生してるのかな。と見てみると
top - 02:52:09 up 13 days,  5:01,  2 users,  load average: 11.72, 11.78, 9.50
Tasks:  83 total,  11 running,  72 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s): 33.3% us, 66.7% sy,  0.0% ni,  0.0% id,  0.0% wa,  0.0% hi,  0.0% si
Mem:    484528k total,   481472k used,     3056k free,      220k buffers
Swap:   128512k total,   128512k used,        0k free,     6324k cached
うお!512Mのメインメモリだけじゃなく128Mのswapまで使いきってやがる。load ave 11.72 ?? あわてて256Mくらいのswapfileを作って swapon してみると、みるまにfreeが減ってってあっと言う間にゼロに。g++ -O2の最適化に1G近いメモリつかってんの? kdelib恐るべし。

じゃぱねっと

じゃぱねっと見てたら、ブラウンの全自動アルコール洗浄付きシェーバーが鼻毛カッターがおまけについて\16,800だった。在庫処分かもしれんけど安い。ヤマダ電機でニッキュッパだったような。欲しいかも〜。

SH3 sarge

Debian Sarge/SH3のビルドデーモン・マシンが一台では話にならないのでもう一台増設することにした。

予算に余裕があったらもっと増やしたい。その前に鼻毛カッターも欲しい。

2005年10月13日

TVください

TV捨てる方いらっしゃいましたら譲っていただけませんかm(_ _)m?知り合いにTV欲し〜という人間が二人もいます。21インチ希望とか言ってますが送料は負担します。

SH-Linux Sarge SH3/SH4

前回までは総パッケージ数(_all.debを含む)で数えていましたが、_sh3.deb と _sh4.deb の数を数え直しました。

_sh4.deb は15/日くらいでちょっとずつ増えていますが、機械ビルドでは飽和してきたかもしれません。_sh3.deb の方はマシン速度が遅いとはいえ、50/日のペースです。ちなみに_all.debは17/日くらい。

パンチラ

http://pya.cc/pyaimg/han.php?han=18992
パンチラだって。むむむ。

2005年10月14日

東京出張

本日は東京出張。でもとんぼ返り。

秋月電子

偶然、秋月電子秋葉原店のページを発見した。
http://www.aki-den.jp/
そういえばずっと昔(15年位前)会津若松を訪れたとき、駅前に秋月電子会津若松店(?)があって驚いた記憶があるが、あれは夢じゃないよなぁ。情報ないかな。

違いました

調べたらすぐわかりました。秋月電子じゃなくて若松通商の間違いでした。ひょっとしたら会津若松が本家だったのかな。15年の歳月は記憶をあいまいにするのですね。あの頃の俺は軽自動車(スズキ・アルト)の助手席にHF(7M〜21M)、6m、144/430Mhzの3台の無線機を積む無線野郎でした。あっはははは(恥ずかしい過去)


2005年10月16日

新城ラリー

10/15(土),16(日)と新城ラリーが開催された。楽しみにしてた・・・のだが結局行けずじまいだった。


2005年10月17日

くりろぐ

毎日の滝川クリステル姉さまについて考察を重ね,熱き血潮を滾らせるweblog
http://funapon.info/chri/
だそうです。へぇ。姉様って毎日服が違うのね。

2005年10月20日

H8/300 Linux

ふとH8/300系のLinuxを触ってみたくなる。手っ取り早くキットを入手してみようかな。有名なのは
秋月電子さんの AKI H8/3069F LANボード http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?p=1&q='K-00209'
ストロベリーさんのH8MAX http://strawberry-linux.com/h8max/
といったところか。しかし秋月のやつはこちらに基板が不安定であるという報告がある。遊びで使う分には問題ないかもしれないが気持ちが不安だ。

Link
http://www.realvideo.jp/H8/h8.html


2005年10月21日


2005年10月26日

忘れてました

Interface誌2005/11月号にbootloaderに関する記事を書きました。

http://www.cqpub.co.jp/interface/contents/2005/200511.htm
SH-Linuxを題材にしてLinuxの起動までを学ぶ
ipl+gを例にIPLのしくみと働きを見る           pp.68-75
興味のある方は書店にGO!

2005年10月27日

SH Linux (debian/sarge)

祝!SH3 2000パッケージ突破! SH4 5000パッケージ突破!

平均ビルド速度
*_sh3.deb ... 54パッケージ/日
*_sh4.deb ... 13パッケージ/日
*_all.deb ... 23パッケージ/日
前回 2005/10/13

2005年10月30日

Let me ...

はっきりいって学校に行ってた頃勉強から逃げて逃げて最期まで逃げ切ったのが「漢字」と「英語」だった。この二つは学校を出るまで最後まで逃げ切ったという自信?がある。

当然だけどそんな状態で会社つとめを始めると、えっらい苦労することになった。新卒の頃、会議議事録のホワイトボード書記をやらされるが、漢字が苦手なことでどえらい怒られ、英語が出来ないことで人よりも仕事が遅かった。つまり、完全に負けだ。

自分は負けず嫌いではある。というヘンな自信もある。同じ事なら負けるよりも勝つ方が気持ちが良い。(ダンスを始めたのもその辺に理由があったような気がする)。まずは漢字をトックンした。日本人として恥ずかしくない程度には漢字は書けた方がいい。職種関係なく漢字が書けないとやっぱり恥をかくと思うよ。俺のようにならないでくださいね>学生さんたち。

英語もまったくといっていいほど勉強してこなかったので未だに苦手意識があって、これってコンプレックスだよなぁ。とか思いながらもなんとなく少しは話せるようにはなってきた。ちゃんと勉強したわけではないので映画とか海外ドラマとかの「音」で覚えちゃったんだけど。。最近お気に入りが let me ... という言い方。let me know とか。let me introduce to .. とか。英語が話せる友達に話ししたら、男っぽい言い方なんだそうだ。can i introduce to ..とか言った方が良いかもよ。と付け加えられた。ふーん。そうなんですか。面白いです。

あ。お気に入りついでにいうと、NHK英語関係の番組によく出てるジャスミンというお姉さん。かわいい。「しゃべらナイト」と「3ヶ月集中・・」は要チェック。てかmust。


2005年10月31日

サルサ

最近サルサネタが無いね。といろいろな友達から声をかけてもらった。あはは。blogを見ていただき、声をかけてくれるのは大変ありがたいです。ほんと。ありがとうございます。

燃え尽きたわけではないしサルサはサルサで毎週楽しませてもらってますが、書くこととなるとそんなに無くなってきたかなぁという気がしてます。サルサというものの自由の広がりな気持ちになってきたというのかな。キューバやLAってどっちでもいいじゃんね。好きな方に熱中してもいいし、いろいろなスタイルを学んでも楽しいと思う。On1もOn2も本質的なところには何の違いもないです(だから同じフロアで踊れる)。お酒を楽しむもノンアルコールで踊るもどっちでもいいじゃんね。別におかしくないですよ。そういう感じの自由な気持ちになってくると、「なんだっていいんじゃないですか」。という大らかな??気持ちになってきた。一点だけ言うとサルサ原理主義はダメだと思いますけどね。世の中には他にも楽しいことは山ほどあるでしょう。自分が知っているのは氷山の一角にすぎません。

そうはいってもサルサはサルサで楽しいので、最近さぼりがちだったネタ掲載ですが、何枚か写真を撮ったので本人様の許可をもらったものから順に載せていこうと思います。とりあえずthe masato君から順に。(^^。

最近の変化のついでですが、最近私はサルサ場にダンスシューズを持っていくのをやめました。単に荷物や履き替えるのが面倒になっただけなんですが。。女性の場合だとフォローによって歩く距離もそうといなものになるし、スピンもダブル、トリプルと来るのでシューズって大事だと思うけど、自分の場合は早くは踊らないので普通の靴で十分だと思ってきました。

ほとんど手ぶらで、仕事の帰りにふらっと来て、一杯飲んで、ちょっと踊って30分くらいで居なくなる。そんなかっこえー人は昔は結構いたと思うんだよね。汗なんて全然かかなくてクールに踊って見える。そんなんスマートだよなぁとか思っちゃいますが、それはつまり、オジサン化しているって事なんでしょうねぇ。<自分。笑