トップ «前の日記(2005年10月03日) 最新 次の日記(2005年10月05日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2005年10月04日

SH-Linux (SH3 SH4) kernel-2.6.13.2対応

IDEドライバのirqデフォルト値の設定の仕方が分かった。
include/asm-sh/<マシン名>/ide.h を下記のように用意して
/*
 * modifed by ebihara
 * 2005.10.04
 */
 
#ifndef __ASM_SH_CAT709_IDE_H
#define __ASM_SH_CAT709_IDE_H
 
/* Nothing to see here.. */
#define IRQ_CFCARD      34                      /* /dev/hda */
#define IRQ_PCMCIA      PINT_IRQ_BASE+11        /* /dev/hdc */
 
#endif /* __ASM_SH_CAT709_IDE_H  */
include/asm-sh/irq.h から呼び出すようにする。
#if defined(CONFIG_SH_HP6XX) || \
    defined(CONFIG_SH_RTS7751R2D) || \
    defined(CONFIG_SH_HS7751RVOIP) || \
    defined(CONFIG_SH_LANDISK) || \
    defined(CONFIG_SH_SH03)    || \
    defined(CONFIG_SH_CAT709)  || \     ← 追加
    defined(CONFIG_SH_CAT760)           ← 追加
#include 
#endif

CAT709用 2.6.13.2カーネル

公開します。これだけで分かる人向け
http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-sh/kernel/