トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2006年04月04日

地下鉄運転ゲーム

名古屋市交通局純正の地下鉄運転ゲームだそうです。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/hanbai/dvdgame/untengame.html
特典映像の「名城線ぐるっと一周ムービー」はイイかも。2000円だって。

ドコモ電池パック無料サービス

ドコモのN900iを2年前の3月に購入してからはや2年が経過した。そろそろバッテリーも死んできたし新しい機種に変更しようかなぁと調べていたら、ドコモのアフターサービスとしてひっそりと電池パック無料サービスなるものを発見した。これってあまり周知されてないんじゃないの?てか周知する気はあまり無いんだろうな。

しかしこれで2年前の携帯の寿命がまたのびた。

サルサ

サルサネタがないぞ、とプレッシャーをかけられていますが(笑)、実際あーんまりネタが無いんだよなぁ。。。

とか思いつつ、そういえば先日声をかけて踊っていただいた子が「カンターレ!」と言うんですよ。カンターレ?歌うだっけ?でもそれはイタリア語のような!?。スペイン語ではカンタール?だったかな。でも歌うっていいよね。この歌の題名はカンターレなのかな。俺も歌っちゃうよ。なんて言ってたら

・・・いや、、、簡単で。。。
あぁごめんなさい。マジぼけでした。

IPv4アドレス枯渇問題

kinnekoさんの日記から。
『報告書「IPv4アドレス枯渇に向けた提言」公開にあたって』
http://www.nic.ad.jp/ja/research/ipv4exhaustion/
まず最初に日付が4/1じゃないことを確認しました(笑)
こういう文書が出ると得をするのはIPv6屋。すばらしい営業資料になりえる。株も上がるかもしれない。
枯れる枯れると言われてなかなかしぶといのが石油とIPv4アドレス。 どちらも有限には違いないので浪費してたら無くなってしまう。対応を考える必要がある。IPv4が足りなくなるからv6に移行しようという単純なことでいいのかは疑問だとおもう。
例えばv4アドレスが無くなると新規割り当てができなくなるという。新規割り当てが難しいのは電波帯域だって同じだろう。有限であり貴重品だ。例えば金と同じだ。市場に任せれば売買され価格がつくことで結果的に必要な個数を保有する仕組みが出来上がるかもしれない。IPアドレス税を徴収する方法もあるかも。使っていないアドレスを市場に放出する方法はいくらでも考えられる。。。と思ってみた。

2006年04月05日

組み込みLinuxセミナー

CQ出版さんで組み込みLinuxセミナーを開催します。
http://it.cqpub.co.jp/eSeminar/default.asp?NV=SCH&TP=E01
開催地東京。4月13日(木)・14日(金)とも10:00-17:00。まだ空きがあるようです。

組み込みLinux無料セミナー

名古屋ではCAT709/CAT760をお買い上げいただいた方を対象に、無料セミナーを行います。こちらは入門レベルです。
http://www.si-linux.co.jp/product/cat/suport1.html
  CoLinuxのインストール
  クロスツールのインストール
  NFSマウント
  "hello world"のコンパイルと実行
まで
セミナー開催日
  4月21日 13:00〜18:00
  5月26日 13:00〜18:00

2006年04月06日

apache

apacheのディレクトリインデックスで表示されるファイル名の文字数が短すぎて不便。これを修正する方法。debain sarge apache2

変更前
/etc/apache2/sites-enabled/000-default
 
 <VirtualHost *>
        ServerAdmin webmaster@localhost
 
        DocumentRoot /var/www/
        <Directory />
                Options FollowSymLinks
                AllowOverride None
        </Directory>
        <Directory /var/www/>
                Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
                AllowOverride None
                Order allow,deny
                allow from all
                # This directive allows us to have apache2's default start page
                # in /apache2-default/, but still have / go to the right place
                RedirectMatch ^/$ /apache2-default/
                IndexOptions +NameWidth=40               ←これ追加
        </Directory>
追加する位置はココが最適かどうか分からないけど。。

変更後

cacti

kinnekoさんの日記でcactiというのがあることを知る。ローカルホストやSNMPでのグラフを表示するものらしい。で、さっそくSH3へインストールしてみる。apacheかapache2が選べるのでapacheを入れる。事前にmysql-serverもインストールしておく。
インストール
   # apt-get update
   # apt-get install apache
   # apt-get install mysql-server
   # apt-get install cacti
   いろいろ聞いてくるので適当に答える
mysqlの管理ユーザ(root)のパスワードを登録
   # mysqladmin -u root password MYSQLのrootパスワード
データベースcactiを作る
   # mysqladmin -u root -p create cacti
初期テーブルを流し込む
   # cp /usr/share/doc/cacti/cacti.sql.gz /tmp/
   # cd /tmp
   # gzip -d cacti.sql.gz
   # mysql -u root -p cacti < cacti.sql
cactiデータベースへのアクセスパスワードを記録する
   # mysql -u root -p cacti
   mysql> GRANT ALL ON cacti.* TO cacti@localhost IDENTIFIED BY 'cacti'
   mysql> exit
以上。そうしたら
http://ホスト名/cacti/
を開く。初期アカウントは admin/admin

スクリーンショット

遅いけど動いた


2006年04月10日

東京出張

ついてすぐとんぼ返りでした。今週はさらに木金、来週は月曜に上京だけど、いずれも最低限しか滞在できない模様。


2006年04月14日

ワンセグ

ワンセグ放送が始まったが他人事モードで全然興味がなかった。だいたい、携帯電話の限られた画面でTV見てどうすんのよ?バッテリーだって長く持たないだろうしさ。と思ってたんだけどね。

東京出張の帰り新幹線。金曜夕方下りののぞみといったら予約取ってなければ8時までは空き席のない激戦時間。エクスプレスカードはやはり便利だ。仕事が終わっての帰り道はサラリーマンにとってリラックスタイム。今日もお仕事お疲れ様でした。ビール買っておつまみ買って、そう、オヤジタイムとも呼ぶ。俺の周りの席もそんなおやじばっかり。斜め向かいの席のおやじさんも、ビールとつまみでご満悦。ん?携帯電話を取り出したぞ。なにやらバッテリーとイヤホンを取り出して・・お!あれがワンセグかぁ。高速移動中の新幹線でどこまで写るのか興味津々な俺。場所は東京〜横浜時速200km/hオーバーで移動中。時間は夕方7時前後。おやじさんビール片手にケイタイを操作。いーなー。仕事帰りにビール飲みながら新幹線車中でナイター観戦なんてサラリーマンの長年の夢だったぜ、テクノロジーってすげーよなー。と思っていたらチャンネルをいじるオヤジさんの手が

クレヨンしんちゃん
で停止し、そのままご鑑賞モードに。あぜんとする俺。

…ま、いいんだけどね。それにしても移動中でもきれいに写るなぁ。。いいなぁ。。こっちはノートPCたいてい持ち歩いてるから、USBタイプのワンセグチューナがあったら1万円までなら出していいかも。ソフトでデコードやHDD録再すりゃいいんだから、ノートPCとの組み合わせはアリなんじゃないかと認識した今日この頃。


2006年04月20日

なんだか手いっぱい

ここんとこえびめもの更新が途絶えてしまった。皆さん忙しい中blog毎日更新しててほんとすごいと思う。

4月から会社のメンバーが増えて、総勢8人になった。いやぁ賑やかだ。それと同時に私本人もテンテコマイ。新卒で入社してきたO君は期待通り技術に長けている。これやっといて、だけであとはほとんど自力で出来るのはさすが頼もしい限り。ただ意外な弱点も発見した。笑。これからの成長が楽しみだ。

先日ノートPCが壊れた。それも、東京でセミナーをやっているときにだ。セミナー1日目が終わり、宿に帰ってネットにつないで仕事をしている間はぜんぜん大丈夫だった。ところが二日目、会場について立ち上げようとしたらHDDが吹っ飛んでいるらしくMBR以降立ち上がらない。顔面蒼白。やばい、今日一日どうやって講義しよう。急いで主催社から借りようかなと思案していたところ、最前列に来ていただいたNさんからご自身のノートPCを使ってくれと申し出をうけた。そのノートPCにはCentOS 4がインストールされていて、nfsサーバなどもセットアップされていた。さすがLinux関連のセミナーにおいでくださる方は一味違う!! SH3/SH4の環境もさくっと構築することができ、無事に講義を行うことが出来た。本当にありがとうございます。

東京に行った折、懐かしい方が経営する居酒屋に足を運んでみた。これもだいぶ前の出来事になってしまったけれどまだ記事をかけていないので近いうちに書こう。

そうそう、6月に東京ビックサイトで開催されるESEC組込み技術展に出展することになった。ブース構成や展示物、そもそも製品開発(笑)、皆様への周知ご連絡。やることはたくさんあるがひとつずつ地道にやっていこう。

ペンギンたちの日記

うちの新人君達がBlogをはじめた。
http://d.hatena.ne.jp/siliconlinux/
女性二人、男性一人で書いています。UNIXはじめて触る人間がどうやってUNIXを習得していくかの貴重なドキュメント?に発展するかもしれません。笑

2006年04月21日

すっかりタイミングを逃してしまった。3週間遅れの桜の写真。

新学期。新学年

東京出張


東京出張に行った折、拘置所のような殺風景なビジネスホテルに泊まった。この電気スタンドはっ!!どこかで見たことがあると思ったら高校時代に実家で使っていたのと同じ型式の物だ。こんなかたちで再会するとは(違)

VAIOノート壊れた

先日書いたようにVAIOノートのHDDが壊れてしまった。型式はVAIO-T初期型。

電源を入れると
L 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99
99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 9
9 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99
 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99 99
と表示される。「L」が表示されるのでliloの1stステージで吹っ飛んでいると思われる。どうにかしてMBRだけ書き戻せば復旧するんちゃうかな。と思われる。

MBR書き戻す前に、WindowsXP CD-ROMでブートして回復コンソールを試すことにする。ところが、回復コンソールに入るにはAdministoratorパスワードを入れろという。え〜。なんだっけ?あれこれ試すが、3回間違うと再起動になる。再起動…5分くらい待つ。3回試す。当たらない。再起動。うあぁこの調子じゃ一生当たらないぜ。かなりセキュアだ(違)

仕方ないので久しぶりにKnoppixで起動する。NTFSもReadOnlyならマウントできるだろう。うんよしよし。ところがKernel2.4なのでehciを認識せず、外部HDDがUSB1.1となる。遅い・・・

やっぱしDebianSargeでlinux26指定で起動。ddで外部HDDに丸々バックアップ。よしよし。liloでMBRも書き換え

がーん。やっぱHDDが物理故障てわけね。載せかえるしかないか…

HDD交換

とりあえずVAIO-T君をバラして贓物を拝見する。

東芝製の1.8inchHDDが乗っている。これを持ってEIDENに行って代わりのHDDをゲットしてくる。

右が壊れた40G HDD。左が新しい60G HDD。今までVAIO-T君の難点だったHDD不足も解決できたし、よかったとするか。

無事に組み立てて修理完了。んで、上が余った部品(謎)

2006年04月24日

colinux

colinuxむっちゃ便利なので、さらに便利になるTIPSを書きました
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?CoLinux%20TIPS

2006年04月25日

なんかやりましょうよって

kinnekoさめのblogとリンクした話題。もちろんなんかやりましょうったって簡単じゃないですよ。本当の革命はこれから来ると言いますし、それはホントそのとおりだと思います。けど、だからって何がくるかとか、で、どうしたらいいのかなんて私にゃぜんぜんわかりません。ただ、世の中のシステムそのものがまだまだ発展途上で試行錯誤の繰り返しなのは間違いないところと思います。人類はインターネットっていうインフラを得たのですが、インターネットの使い道をどうしようかと誰もが試行錯誤を繰り返していて、試行錯誤のひとつがgoogleだったりrakutenだったり出会い系サイトだったり映画配信だったりするけど、それも試行錯誤のひとつにすぎないと思うのです。

テクノロジーに目を向けるとナノテクやら有機やら研究開発されていますが、僕が思うに、どうやったって無くならない=経済活動の原点はコミュニケーションと物流だと思うのです。人間は一人で生きていけない以上、コミュニケーションは必要になるわけで、それがケータイやらインターネットやら学校やら会社やら、BlogやTVやネットゲームや居酒屋やダンス・クラブだってコミュニケーションのひとつの具現化だとおもうのです。メシを食わなければ死んでしまう、着る物も必要だし、物流はなくならないですよね。

それともうひとつのキーワードはグローバル。アンチ・グローバリズムの右派ナショナリストもいますが、どう抵抗したって世の中ますますグローバル化されていくじゃないですか。身近なところでは100円均一SHOPの台頭だってグローバル化の一つの現れなわけだし。コミュニケーションとグローバルは、インターネットがキーワードになってこれから先も進化しますよね。chatなりskypeなりそれが動画になるのは比例した未来で、イタリアにいる友人とチャットしたりVoIPで会話が出来るのは現実に実現できた範囲。次はどこへ何が出来るのでしょう。こちらは現状の延長線上で比例した未来を想像することは安易かもしれません。

物流のグローバル化はますます進むでしょう。日本という国は資源が乏しいくせにエネルギーや食料の消費が旺盛、引き換えに工業製品を輸出する構成でなりたっていたわけだけど、これは逆に言えば内需ではなく外需に頼って生き延びてるわけですよね。いまも、そしてこれからも物流のグローバル化はますます進むと思います。各政府は関税を上げるなり下げるなり、どちらの操作をすることもできますが、流れを止めることは出来ないはずです。そうなると最終的には内需に頼るとか外需を食うという発想そのものもなくなるのではないかとすら思います。

コミュニケーションと物流がグローバル化された次にくるのは人の移動がグローバル化されてくるはずです。はじめは物流についてくる形で(=仕事ね。現場作業とか打ち合わせとか出稼ぎのたぐい)の必然かもしれません。これは既に始まっています。僕のたいしたこと無い渡航経験だと、日本においてはビジネスマンや駐在員の方、リゾートで働くことを考えた方などが諸外国に赴いていますが、アジア諸国ではコミュニケーションと物流のグローバル化はもう少し大衆化されているように思います。例えばアイドル歌手やTVの人気番組が共通の話題だったりとか。仕事や物流に引きつられる形で人の移動も当たり前のように行われているように見えます。「俺の実家はxxxなんだ」とか「兄貴がxxにいるよ」というのが、日本にいると九州だ大阪だという話になるけど、あちらにいると私のオリジナルは中国だとかインドだとか国をまたいでいるのが全然不思議じゃないというかなんというか。そしてその輪に入れていないのが日本と韓国のように僕の目には映ってしまいます。見えていないだけなのかなぁ。もちろん日本のように原則単一民族というのはメリットも沢山あるとおもいますが、近い将来そうでもなくなってくる(てか既に加速度的に変化を強制されている)ところに、探してみるとネタは転がっているような気がします。このあたりでいろいろと試行錯誤してみたいというのが漠然とした考え。

んで、ここから先は遠い未来の与太話ですが、人の移動がグローバル化される理由(=仕事についてくる)その流れから進化した先には、住みたいところに住めるグローバル化社会がやってくるかもしれませんね。それが一部の人だけではないということになるには、文化の壁はもちろん、政治の壁、宗教の壁、貧富の壁を越える必要があるので、僕が死んだ先ず〜と未来の話かもしれませんが。。。

でもまぁ

よく考えると↑では当たり前のことしか書いてないので、サテどうしようかって何も書いてないですね(^^;; グローバル、少子化、教育というのがキーワードのような気がします。


2006年04月26日

皇太子殿下

siliconlinux日記を読んだだけではイマイチ意味わかんないんですが(苦笑)先日皇太子殿下の御車がお通りになるということで会社の前の錦通りが平日の真昼間、3回も完全通行止めなった。50mおきに私服警官(機動隊員らしい)が完全防御し、わざわざ4階にあるうちの会社まで挨拶に来た。全オフィスをまわっているらしい。何事かと思ったら、「ご不便おかけしますがご理解ご協力ください」とのこと。うんまぁ。いいけどべつに。それと「御車を上からは見下ろさないでください。一階まで降りて、お願いします」とのことでした。そりゃそうだね。昔なら刎ね首だ。

サルサ

久しぶりのサルサネタ
3月上旬の話だけど上京した折なつかしい方達にお会いしてきた。

お元気そうで何よりです。Webへの掲載は快諾いただきました。下北沢に開店したウーララという大衆居酒屋。夜8時頃に入店し、終電には帰りますとか言っていたのに話しが楽しくて気がついたらAM2時になってしまった。
名古屋の人間が上京したときにほっと一息つける店を見つけた。うれしい。


2006年04月27日

コールサイン

ふと思い立って昔のコールサインJH1B??でgoogleしてみたら昔の自分を発見した。うは!驚き。当局とかFBとか73とか言ってるし。デジタル社会って怖いなぁ。

colinux速度比べ

colinuxでのカーネルコンパイル速度がどの程度なのか、sh-linuxカーネルのコンパイル速度を使って調べてみることにした。WindowsXPとDebianSargeのデュアルブート環境になっているので、WindowsXP +CoLinuxと、ネイティブLinuxでの速度調査を行ってみる。使用したノートPCのスペックは下の通り。
$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 13
model name      : Intel(R) Celeron(R) M processor          900MHz
stepping        : 6
cpu MHz         : 893.490
まずはネイティブの場合。デュアルブート環境でDebianLinuxでの試験結果
$ make distclean
$ make cat709_defconfig
$ time make
real    7m8.847s
user    6m24.075s
sys     0m17.006s
これを基本速度とする。次にWindows+CoLinuxで、Linuxパーテーションの/dev/hda6 を / でマウントした場合
real    13m0.627s
user    7m45.860s
sys     5m7.560s
最後に、Windows+CoLinuxで、仮想ディスクイメージファイル(1GByte)を使用した場合(colinux標準インストール方法にて)
real    12m17.107s
user    7m30.920s
sys     4m41.820s
驚き。物理ディスクより、仮想ディスクのほうが若干早いんだ。ディスクキャッシュの関係かな。

まとめると、user+sysがプロセスの処理時間なので、ネイティブを1.00時間としたとき(大きいほうが遅い)

ネイティブ物理ディスク仮想ディスク
1.001.93倍1.83倍
colinuxではWindows上で動かしているにもかかわらず、悪くみても2倍の時間で終わることが分かった。実時間で比べるのは比較の意味は薄いが、実用的にはということで、、
ネイティブ物理ディスク仮想ディスク
7分8秒13分0秒12分17秒
1.001.82倍1.72倍

ビリヤード部

新入社員のKさん(女性)がビリヤード大好きだという話。親父さんに鍛えられた腕前だとか。そういうことならシリコンリナックス社ビリヤードサークル初代部長になってもらわないとね。というわけでビリヤード大会の企画運営を任せたのだけど、

内密に
企画を進めていたらしい。
http://d.hatena.ne.jp/siliconlinux/20060425
いや、あの、内密に進められても参加者集まらないと思います(^-^;

2006年04月28日

SH-Linux

sh-linuxカーネルに含まれる内蔵シリアルドライバにバグを見つけちまった。ハードウェアフロー制御 CRTSCTS を有効にするユーザープログラムを書くと、シリアル送信が始まらないというバグ。俺を三日間寝不足にしたのはコイツかっ!。カーネルバグなので世の中のsh-linuxを使っている全員/全機種に該当するはずなんだけど今まで発見されなかったのかな。対策できたのでlinuxsh-devメールリストに仮の対応パッチ投げてみた。
http://sourceforge.net/mailarchive/forum.php?thread_id=10256448&forum_id=5348