トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2006年08月01日

PR

CAT開発CDROMをアップデートしました。Ver2.03となりました。
いつものとおりここから落とせます。
http://www.si-linux.co.jp/wiki/cat/index.php?26%B4%C4%B6%AD_CDROM%CD%FA%CE%F2
今回の目玉名はなんと待望の「リモートデバックに対応」です。 具体的に言うとCAT側と開発機側双方とも リモートgdb に対応しました。使い方は
http://www.si-linux.co.jp/wiki/cat/index.php?gdb%A5%EA%A5%E2%A1%BC%A5%C8%A5%C7%A5%D0%A5%C3%A5%AF
に乗せました。
開発機からCATに対してブレイクポイントを張って、C言語ソースコードレベルでCAT君のステップ実行ができます。なかなか面白いですよ。
gdbはちょっと苦手・・・という方のために、SWEETというWindowsアプリも作っています。

http://www.si-linux.co.jp/product/sweet/
こちらはβ版が無償ダウンロードできるようになっています。

2006年08月03日

みついわボード

みついわさんのSH7706+LANボード。とりあえずJTAGが開通した。

みついわボード

JTAGが開通したのでまずはROMイメージバイナリを吸い出して逆アセ
$ ls -l flashrom.bin
-rw-r--r--  1 ebihara ebihara 8388608 2006-08-03 22:06 flashrom.bin
$ md5sum flashrom.bin
a47b74dae2a49546fabb6532be8a15bd  flashrom.bin
$ sh3-linux-objdump -b binary -m sh3 -EL --adjust-vma=0xa0000000 -D flashrom.bin

みついわボード

a0000000 <.data>:
a0000000:       48 d1           mov.l   0xa0000124,r1   ! 0xa4000116
a0000002:       70 90           mov.w   0xa00000e6,r0   ! 0x988
a0000004:       01 21           mov.w   r0,@r1
a0000006:       48 d1           mov.l   0xa0000128,r1   ! 0xa4000136
a0000008:       00 e0           mov     #0,r0
a000000a:       00 21           mov.b   r0,@r1
a000000c:       43 d1           mov.l   0xa000011c,r1   ! 0xffffff80
a000000e:       69 90           mov.w   0xa00000e4,r0   ! 0x112
a0000010:       01 21           mov.w   r0,@r1
とりあえず最初んところ
0xa4000116(SCPCR).word <- 0x988
0xa4000136(SCPDR).byte <- 0x0
0xffffff80(FRQCR).word <- 0x112
もう飽きた

みついわボード

mesが動いてるんだからやっぱしboot部分は触らないことにする。
MES >Micro Embeded System Ver2.3 Rev1

みついわボード

sourceforveのcvsを最新にしてみる。
2006-08-02      Takashi YOSHII 
 
        SHMIN board support added
 
        * arch/sh/Kconfig: New config SH_SHMIN to support SHMIN board
        * arch/sh/Makefile: machdir shmin added
        * arch/sh/tools/mach-types: mach-type SHMIN added
        * arch/sh/boards/shmin: New directory for SHMIN
        * arch/sh/boards/shmin/Makefile: New file for SHMIN
        * arch/sh/boards/shmin/setup.c: New file for SHMIN
        * include/asm-sh/shmin/shmin.h: New file for SHMIN
        * arch/sh/configs/shmin_defconfig: New file for SHMIN
        * drivers/net/ne.c: ifdef SHMIN added
おおおぉぉ!?よしいさん仕事が早いじゃないですか。なんだ俺やる必要ないじゃん?(A^^;;
$ make shmin_defconfig
$ make
んで PARTNER で vmlinuxを
> l vmlinux
> g
動かない・・・・今日はここまでかなぁ。

みついわボード

ついでに
 [ ] Use LinuxSH standard BIOS
 [ ]   Early printk support (NEW)
を外したけど(必須だわな)動かない・・というかメッセージが表示されない。あと少しの気もするけど今日はここまでかな。

2006年08月28日

CAT760

「忙しかった」という言い訳はかっこ悪いからしたくなかったんだけど、各方面からえびめもどうしたの?というご心配をちょうだいしてしまったので謝ります。ごめんなさい
さて、CAT760の1Uラックサーバを作りました。

これ、I氏作の↑試作品。いくら自分用とはいえ、超試作スギ(笑)

これ第一弾。1Uラックに収まる、ファンレス、電源即断可能 Linuxサーバです。

これ↑背面。しっかりしたつくりです。
超低消費電流(電池駆動可能)サーバとして小規模ながら反響あり。IA32サーバを監視するサーバなどに応用可能かも。外販許可を得ましたので興味ある方はお気軽にメールを。

ESEC展示会

今を去ること'06 6月27〜30日。東京ビックサイトでESEC組み込み技術展示会に出展いたしました。いままでブースの一部をお借りする機会は頂戴しましたが、自分らで出展するのは初めての試み。いろいろと手探り。

前日準備の様子。

朝の準備中。残念ながらお客様に来ていただいている最中の写真を撮る余裕がありませんでした。来年は絶対に期間中の写真を残す!

これはブース打ち合わせ用の模型。うちのスタッフ達こういうのを作るのはマメだなぁと関心。
おかげさまでESEC展示会にはたくさんの方に訪問いただき、感謝感謝です。もっとゆっくりお話したかった方がたくさん。そういうところを反省して来年につなげたいと思います。

ESEC余談

みなさん6時きっかりに出展を終えて夕飯に向かうので、国際展示場周辺のどこの店に行っても満席。↓は

満席かよ!
オヤジで埋まる
サイゼリア
(季語無し)
外から見ても異様な光景だった。

2006年08月30日

DDforWindows

1年ぶりにDDforWindowsをバージョンアップ。やっとベリファイがつきました。

http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows

「ベリファイ作ってよ」とS氏に言ったところ、ん?一年位前に作ったよ?というつれない返事。へ? ファイルサーバ覗いてみたらVer0.97が存在している。がーん、公開が1年遅れてしまいました。