トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2006年11月08日

少し前の話だけど

高信頼性ソフトウェアのセミナーに行ってきた。実践するための一つ一つのステップをどのように構築するか。業態によってさまざまですね。

2006年11月12日

急な断水

夜10時頃に水が出なくなった。管理会社に電話したところ、調べてみるという。数分後に折り返しの電話があり、市水道局の工事により地区断水だという。聞いてないですよ?張り紙もしてなかったし。しかし今そんなことを言っていても仕方が無い。今夜は断水なのですね。ではおやすみなさい。

後日ポストにお詫びのチラシが。「水道局です。こちらの建物は断水の予定はありませんでしたが、工事の際に誤って断水させてしまいました。ごめんなさい」という内容。社会サービスの品質が低下しているなぁ。

日エレにR8Cキット付属

自ら某誌の真似と自負する組み込みアカデミー。技術者不足をおぎなうための急場しのぎの組み込み技術者が増えて品質は保てるのか。暮らしの安全は保てるのだろうか。テクノロジーは社会のコントロールが出来ないくらいにいびつに成長していると思う。

2006年11月16日

Embedded Technology 2006

パシフィコ横浜へ。ESECよりさらにB2B色が強い感じがした。会いたい人には会えて収穫になった。

AVR32

AtmelがAVR32っつー32bitRISCを出していた。
STK1000
QVGA液晶、Linux(GCC+GDB)がついて $499だって。

2006年11月17日

関東でイコカをチャージする方法

関東でイコカ(JR西日本のICカード)をチャージする方法を発見した。

イコカはスイカと同じように使える(ただし買い物には使えない)。関東にいくと皆が緑色のスイカをつかっているなか、きれいな水色のイコカを使っていると目立って良い(?)のだけど、関東地区ではイコカのチャージが出来なくて困っていた。スイカチャージ機にイコカをいれると「このカードは使用できません」と言われてしまう。仕方なく大阪に出張のたびにまとめて入金して使っていた。不便だった。ところが、関東地区でイコカに入金する方法を見つけてしまった。

簡単だった。自動清算機ではイコカにチャージが出来た。同じ駅でも、外のきっぷ自販機ではチャージできないのに中の清算機ではできる。なんでだろう。


2006年11月18日

米国でもPS3発売

アメリカでPS3が発売され、やれPS3強盗だのあちらでは日本以上に騒ぎになっているようですね。しかしPS3にこんな遊び方があるとは驚き

ボーゼン。ソニーの中の人が見たら泣くだろうな

アークが出るとはこういうことか

昔、発電所のおっちゃんに、「高電圧はな、回路をオープンにしたってアークが流れて電流は切れんのじゃ。高圧ガスでアークを吹き飛ばすんじゃよ」と習ったのだけど実際こうなるってのは初めて見た。
http://video.google.com/videoplay?docid=4468957986746104671

2006年11月19日

ポストLinuxに向けて

Linuxで30年食えるわけではないだろうからポストLinux時代にも通用するかどうかを、知識や技術習得のふるい分けの判断材料にすると良いと思います。Linuxのデバイスドライバモデルを勉強するにしても、ただ漫然とLinuxの仕組みを勉強するのでは真に自分のスキルにはなりません。例えばLinux-2.6系の割り込み処理を勉強するときに、割り込みという特殊状態(スレッドの外)で処理するのは古い処理系の考え方であり、なるべくスレッドの内側に処理を持ってくるやりかたが今風なコンピュータアーキテクトなのだなと、その理由を探求しながら、
Linuxの勉強を通してLinuxに依存しない技術を
習得すると良いと思います(勉学中の方へ)
■古典的アークテクチャ
 
プロセス処理
      ↓
      割り込み発生→割り込みルーチン           -----
                      ↓                        ↑
                    受信/送信などの処理         長くかかると、タスク切り替えの
                    (けっこう長いかもしれない)リアルタイム性が低下する
                      ↓                        ↓
プロセス処理に戻る←RETI(割り込み復帰)         -----
■最近の流行
 
プロセス処理
      ↓
      割り込み発生→割り込みルーチン           -----
                      ↓                        ↑
                    I/O処理スレッドを起こす    短くて済む
                      ↓                        ↓
プロセス処理に戻る←RETI(割り込み復帰)         -----
 
 
 
        I/O処理スレッド                        スケジューリングが可能である
        while(1){
                割り込み発生まで待つ
                受信/送信などの処理
        }
このように割り込み契機で発生するI/O処理をスレッド化することで(1)スケジュールの対象に出来る、(2)待ちに入れる ようになります。割り込み処理実行によるタスク切り替え周期の性能悪化を減らすのが目的です(iTronなどのRTOS技術者からみればあたりまえのことでしょうけど)。
今後もしばらくはノイマン型コンピュータ全盛となるとおもいますが、コアがマルチ化され、プログラムもスレッド化され並列処理的に考えることが要求されてきます。並列に処理をする訓練をつむと技術職からマネージャ職に移っていっても「人的並列処理」的な視点で見れるようになるかもしれません(んなわけないか)

2006年11月20日

he has gone...

身近に感じていた先輩経営者が自ら命を絶ってしまいました。昨夜ご実家へお通夜にいってきました。山添の山村の、本当に景色がいいところですね。目の前の道路も、今はアスファルトでまっすぐに直された道ですが、貴方が幼少の頃は、砂利道だったりぬかるみだったり。森や田んぼの中を走って遊んでいたのでしょうか。ガキ大将だったのでしょうか。いじめられっ子だったのでしょうか。豊かな自然の中で貴方は生まれ育ち、エンジニアになり、勤勉に働き、努力し、今の成功を納めた。組み込みエンジニアとしても、経営者としても、貴方の姿は身近なお手本でした。私は貴方の背中を見てたくさんのことを勉強させてもらいました。努力し、悩み、孤独に耐え、重圧も相当だったのでしょうか。他に行き場はいくらでもあったじゃないですか。なぜですか。ご本人のことはご本人にしかわかりません。私などは推測するしかなすすべがありません。しかし本当に残念です。誰も貴方を助けることが出来なかった。人は、それぞれですから、外見から全てを知ることは出来ません。弱い人が強かったり、強い人が弱かったりするんですね。最後に貴方とお話をしたのは今年の夏ですね。また元気になって復活した貴方とお会いしたかったけれどそれはかないませんでした。IPは天国までは届いていないと思いますが、貴方の記憶を自分メモします。今まで本当にありがとうございました。7年前に貴方にそそのかされて独立起業して(苦笑)、貴方や多くの方に助けられ、私もなんとか生きています。今まで本当にお疲れ様でした。もうバグも不具合も納期もクレームもありませんね。モデムのネゴ音ではなく小鳥のさえずりを、ロジアナのタイミング波形ではなく故郷の四季折々の自然の景色を。これからはゆっくりと眺めてください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2006年11月22日

今度はWiiが

今度はWiiが壊されてます(*_*)

2006年11月28日

ATMEL AVR ATtiny13

Tiny13は8pinでかわいいデバイスなんだけどROM 1Kバイトしかない。C言語で書いていると泣きそうなほど小さい。あと10バイト〜とか言いながらコードを縮める。コンパイラの気持ちになればコードは縮む。
Size after:
jikan.elf  :
section           size      addr
.text             1024         0
.data                0   8388704
.bss                14   8388704
.noinit              1   8388718
.eeprom              0   8454144
.stab              852         0
.stabstr           132         0
.debug_aranges      40         0
.debug_pubnames    286         0
.debug_info       1346         0
.debug_abbrev      572         0
.debug_line       1334         0
.debug_str         536         0
Total             6137
 
 
AVR Memory Usage
----------------
Device: attiny13
 
Program:    1024 bytes (100.0% Full)
(.text + .data + .bootloader)
 
Data:         15 bytes (23.4% Full)
(.data + .bss + .noinit)
 
-------- end --------
プログラムサイズ1024バイト。芸術的なコードができた。(けど最終バイトは校正データが入るのであと1バイト短くしなければ)

ATMEL AVR Tiny45V

「そんなん努力しなくてもROM倍、RAM倍のデバイスが出ますって」と新人君が言うので、なにを〜。それはエンジニアとしては負けなのだ。と言い返しつつこっそりと digikeyを検索してみる。
ATTINY45V-10SU
  8Pin SOP
  FLASH 4096バイト      おおお〜(4倍だ)
  SRAM  256バイト       おおお〜(4倍だ)
  SPI,I2C対応           おおお〜 手クロックしなくて済む
  digikey単価 @145  (lot100)
うわぁぁぁ。Tiny13の置き換えデバイスがあるじゃん。Tiny12で苦しんでいた頃はなんだったのだろう。時代は進化するんだなぁ。

2006年11月30日

Oさんの日記復活

復活されたようです。お元気でしょうか。
適度に不快な環境,適度に厳しい環境,これこそが精進のためには
最も適しているのではないか
御意。おっしゃるとおりですね。生活でもスポーツでも仕事でも同じですが、ギブアップするかしないか決めるのは自分ですからね。一段上に進むために、超えなければならないのは今の自分自身ですから。