トップ «前の日記(2007年01月08日) 最新 次の日記(2007年01月11日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2007年01月10日

debian etch sh3/sh4

気を取り直してgcc-4.1再ビルド(LANDISK SH4セルフ)
make[6]: Entering directory `/root/build/gcc-4.1/gcc-4.1-4.1.1ds2/build/gcc'
./xgcc -B./ -B/usr/sh4-linux-gnu/bin/ -isystem /usr/sh4-linux-gnu/include -isystem 
/usr/sh4-linux-gnu/sys-include -L/root/build/gcc-4.1/gcc-4.1-4.1.1ds2/build/gcc/../ld 
-O2 -O2 -g -O2  -DIN_GCC 
-W -Wall -Wwrite-strings -Wstrict-prototypes -Wmissing-prototypes -Wold-style-definition  
-isystem ./include  -I. -Im4-nofpu -I../../src/gcc -I../../src/gcc/m4-nofpu 
-I../../src/gcc/../include -I../../src/gcc/../libcpp/include  
-m4-nofpu -g0 
-finhibit-size-directive -fno-inline-functions -fno-exceptions -fno-zero-initialized-in-bss 
-fno-unit-at-a-time   \
          -c ../../src/gcc/crtstuff.c -DCRT_BEGIN \
          -o m4-nofpu/crtbegin.o
cc1: internal compiler error: no multiarch mapping for multilib (m4-nofpu)
 
Please submit a full bug report,
with preprocessed source if appropriate.
See  for instructions.
For Debian GNU/Linux specific bug reporting instructions,
また src/gcc/c-incpath.c 直さなかんかな。

DC/DCコンバータ

gcc-4.1 ビルド中に時間があるのでDC/DCコンバータの実験をしみる。久しぶりにブレッドボード出してきたら埃が溜まっていた。

反転ゲートとコンデンサ、Diodeだけの簡単なチャージポンプ回路である。負電圧を作る実験である。パーツと定数は部品箱にあるものから選んだ。

図中では省略しているがHCT14には当然電源が必要で、測定したら4.4Vだった。図の黄色、青、紫、緑の各部の波形を下に示す。

負荷無し。写真の黄、青、紫、緑のGnd位置は同じ高さにあわせてある。

負荷 10K

負荷 1K。欲している出力はch4緑色の線である。さすがに負荷無しではキレイなDC波形で、-7.81Vが得られた。負荷10Kで、-6.41V、負荷1Kで-3.79V。ここらへんまでが実用域かな。(といっても3.79mA取れるっちゅうことだもんな。すごいな)