トップ «前の日記(2007年04月03日) 最新 次の日記(2007年04月05日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2007年04月04日

ワークショップやります

有料になってしまいますが来週の木曜日に秋葉原でワークショップを1コマ担当することになりました。CQ出版社主催の展示会です。ご案内いたします。
https://it.cqpub.co.jp/tse/200704IF/
https://it.cqpub.co.jp/tse/200704IF/conferenceC.asp
タイトル A-6
  性能を引き出す組み込みLinuxのプログラミング技法
  〜割り込みレイテンシの改善とリアルタイム応答への対応〜
 
日時 2007/4/19(木)17:30-18:30
場所 秋葉原コンベンションホール(秋葉原ダイビル) 
     組み込みプロセッサ&プラットフォームワークショップ
1セッション 6000円
 
 ◆セミナー概要
既存のLinuxのデバイス・ドライバの中には,割り込みを長時間禁止し,ユーザ
が作成したドライバの割り込み応答性に悪影響を与えるものが存在します.これ
ら既存のデバイス・ドライバを改造しようとすると,余計なコストが発生します.
そこで,本講演では,SH-Linuxを例に,割り込み優先度の概念を導入して割り込
み応答性を高める方法とその事例を紹介します.