トップ «前の日記(2007年07月26日) 最新 次の日記(2007年07月29日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2007年07月28日

debian etch sh3 sh4

ログを見ると今のビルドシステムは 2007/7/4 頃に始動したようで、さっきログを見たらSH4の方はちょうど一周目が終わっていて2周目に入ったところだった。4台のLANDISKを24時間フル稼働して一周に22日かかった。一台だと単純に4倍で88日。約3ヶ月かかる計算になる。一周目でビルドできたのは、全パッケージ数 13403 うち 5128。約 38% がビルドできた。もちろんしょうっちゅう様子を見ながら手作業でdependencyを片付けているので、全部機械任せではなく、ものすごく手作業が含まれている。
ちなみにSH3の方は4台のCAT709で動かしているが、ログを見るとまだ一周目で 8377/13403 番目のパッケージをビルドしているようだ。
date,sh3,sh4,all
2007-06-19,1,0,0
2007-06-20,6,6,1
2007-06-21,14,19,5
2007-06-22,14,19,5
2007-06-23,33,23,9
2007-06-24,34,23,9
2007-06-25,34,23,9
2007-06-26,34,47,12
2007-06-27,34,47,12
2007-06-28,34,47,12
2007-06-29,34,47,12
2007-06-30,34,50,13
2007-07-01,58,50,13
2007-07-02,58,50,13
2007-07-03,58,50,13
2007-07-04,58,50,13
2007-07-05,120,123,19
2007-07-06,211,226,47
2007-07-07,248,268,63
2007-07-09,356,526,380
2007-07-10,630,944,4813
2007-07-11,955,1354,4896
2007-07-12,1169,1893,4947
2007-07-13,1416,2146,5007
2007-07-14,1609,2427,5045
2007-07-15,1707,2581,5067
2007-07-16,1821,2730,5083
2007-07-17,1881,3136,5138
2007-07-18,2009,3565,5197
2007-07-19,2216,3701,5219
2007-07-20,2427,3967,5254
2007-07-21,2646,4286,5287
2007-07-22,2849,4530,5311
2007-07-23,3015,4678,5324
2007-07-24,3163,4811,5339
2007-07-25,3339,4860,5350
2007-07-26,3515,5051,5363
2007-07-27,3717,5128,5374
グラフはここ
LANDISK1台あたり、1パッケージを24分でビルドしていることになる。まぁそんなもんかな。長時間(2、3日とか)にわたり止まっちゃってたことも多々あるので、それを考慮すると割と効率的なシステムだと思う。このシステムはDebianで使っているような広域なビルドデーモンのようなしっかりとした仕掛けではなくて、sshとnfsを利用したLANに限定した分散システムになっている。
1. LANに限定したため仕掛けが超単純である(出てくるのは ssh と nfsだけ)
2. 参加するビルド機をサーバに登録する必要がない。
3. ビルドマシンの台数が増えるとパッケージ単位の粒度で簡単に並列度を上げることができる。
え〜と仕掛けを簡単に言うと、1台のPCサーバを中心にその下にLANDISKやCAT709がぶら下がっていて、各々ビルド用のローカルストレージと、成果物をnfsで共有する簡単な仕掛け。クラ/サバ を自前でプログラムするのは面倒だったので sshリモートシェルで指示を受けて動いている。SH3のような遅いCPUでは sshが重たくなる原因のひとつなので、ここを rsh にして割り切ってしまえばもっと早くなると思う。といった感じ。何ヶ月かに一回気に入らないところを直してごりごり動いている。まだまだ直したいところは結構ある。
悩みは、台数が増えると置き場に困るということと発熱とか。無音なのは幸いか。
だけど結局 gcj-4.1 とか難しいのはビルドできない。

tDiary

コメントSPAMが一日300件を越していいかげんウザくなってきたので一年ぶりにtDiaryのバージョンをあげる決意をする。果たしてうまくいくか??