トップ «前の日記(2008年03月03日) 最新 次の日記(2008年03月10日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2008年03月04日

colinux-0.7.2

がリリースされていた。カーネルは linux-2.6.22 対応になっている。linux-2.6.22 + colinux-0.7.2 をビルドした。
sourceforge から coLinux-0.7.2-src.tar.gz
ftp.kernel.org から linux-2.6.22.tar.gz
を取得する。それぞれを /usr/src で展開する
   /usr/src/coLinux-0.7.2/
   /usr/src/linux-2.6.22/
となっている前提で、
1)パッチを合成する
   # cd /usr/src/coLinux-0.7.2/patch
   # cat `cat series-2.6.22` > /tmp/sumary.patch
   # cd /usr/src/linux-2.6.22/
2)パッチを当てる
   # patch -p1 < /tmp/sumary.patch
   # rm /tmp/sumary.patch
3).configを作る
   # zcat /proc/config.gz > .config
4)ビルド
   # make
5)インストール
できあがった vmlinux を c:\program files\colinux にコピーする
   # make modules_install
coLinuxでは SMPネイティブは無理のようだ
   # less arch/i386/Kconfig
   中略
   config SMP
           bool "Symmetric multi-processing support"
           depends on !COOPERATIVE