トップ «前の日記(2010年11月11日) 最新 次の日記(2010年12月10日)» 編集
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2010年11月29日

sh4 linux-2.6.36

最新カーネルを試している。 2.6.32以後〜2.6.36まですべて、CFのext3をmountして chroot すると bash が bus error だの Segmentation fault だの Illigal instruction だの出しまくって死ぬ問題があった。 mmap()がおかしい気がしていたが
# Cache configuration
#
# CONFIG_CACHE_WRITEBACK is not set
CONFIG_CACHE_WRITETHROUGH=y
# CONFIG_CACHE_OFF is not set
にしたら症状が出なくなった。当然遅くなるけど。
納得いかんなー。
2.6.15の時代は cache back でちゃんと動いていたので、どこかのドライバがキャッシュのコヒーレンスを保ってないのだろう。