トップ 最新 追記
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|10|12|
2009|02|03|06|07|10|11|12|
2010|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2011|01|03|04|05|06|07|08|10|
2012|01|06|08|09|10|12|
2013|01|02|03|04|07|09|11|12|
2014|01|03|04|05|06|09|
2015|04|
2016|01|08|
ここは旧えびめもです。えびめも2に移行します(2016/12/1)

2013年02月21日

CAT724

linux-3.0.4 で SH7724 の内蔵I2Cドライバが動かなかった。clk_get()でエラーになっていたため。検索のclk名を付けてあげて解決。
--- linux-3.0.4_cat724/drivers/i2c/busses/i2c-sh_mobile.c       2011-08-30 05:56:30.000000000 +0900
+++ /home/ebihara/project/cat724/kernel/linux-3.0.4_cat724/drivers/i2c/busses/i2c-sh_mobile.c   2013-02-21 00:54:51.000000000 +0900
@@ -581,6 +581,7 @@
        struct resource *res;
        int size;
        int ret;
+       char clk_name[8];
 
        pd = kzalloc(sizeof(struct sh_mobile_i2c_data), GFP_KERNEL);
        if (pd == NULL) {
@@ -588,9 +589,10 @@
                return -ENOMEM;
        }
 
-       pd->clk = clk_get(&dev->dev, NULL);
+       snprintf(clk_name, sizeof(clk_name), "i2c%d", dev->id);
+       pd->clk = clk_get(&dev->dev, clk_name);
        if (IS_ERR(pd->clk)) {
-               dev_err(&dev->dev, "cannot get clock\n");
+               dev_err(&dev->dev, "cannot get clock \"%s\"\n", clk_name);
                ret = PTR_ERR(pd->clk);
                goto err;
        }

CAT724

Linux上からのI2C通信の具体例をアップしました。
http://www.si-linux.co.jp/wiki/cat/index.php?I2C%A5%C7%A5%D0%A5%A4%A5%B9%A4%CE%B0%B7%A4%A4%CA%FD

2013年02月22日

mac os mountain lion

mac os でパーティションを自動マウントしない方法。GUIではできないっぽい。シェルで行う。マウントしたくないパーティションについて
$ diskutil info /dev/disk1s1 
とすると UUIDがわかるんで、vi で /etc/fstab 開いて(新規作成して)
UUID=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX	none	ntfs	ro,noauto 0 0
とすると自動マウントしない。なるほど mac os て初心者向けだ。こういうのを触らせないあたりが。