自転車の話1 自転車面白い

昨年(2015年)の夏に通勤用に中古のクロスバイクを買いました。12,000円でした。それまでママチャリ(パパチャリ)で通勤していたためクロスバイクに乗り換えた途端、その軽量さに感激し、突然自転車というものにハマってしまいました。

その勢いで2ヶ月後の2015年10月からロードバイクに乗り初めました。といっても何十万もするものをいきなり買えるわけもなく、全部込みで10万以下のクロモリロードでまったりとロングライドを楽しんでいます。クロモリロードはスピードは出ませんが旅をするのにはとても良いものです。

自転車のロングライドのイベントの一つに「ブルべ (Brevet)」というものがあります。自転車を使ったスタンプラリーのようなもので、指定されたコースを指定時間以内で回ってくるとフランスの本部(ACP)から「がんばったね」と認定(Brevet)されます。ブルベはレースではく、公道を走るサイクリングイベントのため交通ルール厳守です。赤信号停止はもちろん、右折も基本は二段階右折。かっ飛ばす必要はありません。

ブルべのルールは世界共通で、200km (制限時間13時間半) が登竜門です。その先は 300km, 400km, 600km, 1000km, 1200kmという世界があります。1月から12月までの一年間で200, 300, 400, 600を完走すると SR シューペル・ランドヌール 英語ではスーパーランドナーに認定されます。600km完走なんて自分には縁のない話で、何年も何年も先にひょっとして出来たらいいな。と思い描き、まずは200kmの完走を目指して挑戦を始めました。

2015年の冬は200kmを完走できることを目標にして、過去に実施された名古屋近辺の「ブルべ」の地図をネットで調べて走り込んでいました。最初は130kmを走るのに13時間かかりました。首が痛くなり一週間ずっと日常生活に支障がでました。12月の寒いころに、200kmをなんとか12時間で走れるようになってきました。

渥美半島周回210km練習コース

渥美半島周回210km練習コース

「ブルべ」の参加申し込みは開催日の2ヶ月ほど前です。200kmは人気があるため申し込み開始直後(1時間以内!)に埋まってしまうとのこと。ビビりながら2016年2月の松阪200kmの申し込みを12月に行いました。

そして迎えた 2016年 BRM213 松阪200km (伊勢) 僕のブルべデビュー戦。もう半年も前の2016年2月13日の話ですが、忘れないうちに書こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です