2016BRM326名古屋300とみやま

2016年3月26日。 初エントリーの300kmブルベ。制限1時間前で完走しました。

「200を走れれば300も走れるよ」。周りからそう吹き込まれます。まったく自信がありません。200kmは自主練でも走れるしブルベも3回完走しました。自信がついてきました。でも300kmは自主練で走れる距離ではありません。ぶっつけ本番です。その話をすると皆さん「俺もぶっつけ本番だった」と言います。ビビりまくっていましたが、行けるところまで行ってみることにします。


コースは豊田(どっちかというと岡崎)を出発し蒲郡を経由して新城を抜け富山(とみやま)までの単純往復。ただ高低差がえぐい。折り返し地点が天竜川の渓谷にむかって降りたところに設定されています。この部分8kmで630mを降り、再び登り返すコースです。コースプロファイルが鬼に見えます。


入念にコースをチェックしキューシートにも予定時刻を書き込みます。今(これを書いているのは12月です)思えば、ここまで入念に書いても見づらくなるだけでした。幸い、コースと並走してJR飯田線が通っています。DNFに備えて?終電時刻まで調べておきました。

いつもどおり早朝ブリーフィング。おかげさまで知り合いが増えてきました。300kmのエントリーは200kmを完走していることが条件です。つまり全くの初心者はいません。僕は今年ブルベを始めたのでもちろん初心者で、一番遅いんじゃないかと思っています。


PC1新城。93.3km地点。ここで50分貯金。ここからが登りになります。途中で脚が売り切れる状態になりインナーローでヘロヘロ登っていきます。最後尾ではありませんがかなり後ろです。

それでも150kmの折り返し地点には1時間貯金で着きました。有人チェックポイントで主催の金井さんがいました。手作りおにぎり150円(だったか?)が用意されていました。 さていよいよ本日のメインディッシュ。直登630mの登り返しに備えて食います。結局、登りは1/3ほど歩きました。1時間ちょいかかりました。ひとによってはここをアウター縛りで登っていくそうです。全く信じられません。

新城で日が暮れて辺りは真っ暗です。座れるコンビニを見つけて塩分と糖分を補給します。走行距離が200kmになりました。残り約100kmですが、いよいよここから先は未体験の領域に突入します。途中で故障DNFした人をパスしましたが、まだ生き残っている人の中ではたぶんラストだと思っていました。後ろにはもういないんじゃないかな。

往路のPC1/復路のPC3は同じコンビニ。PC3到着前の峠ですごいスピードの二人組に抜かれました。僕がシンガリだと思っていたので啞然。(主催の)金井さんでした。折り返しPC2地点で全員の到着を待ってから出発したとのこと。そして僕を含めて8人抜きしたと。ということで後ろに7人まだ走っているらしい。頑張ろうっと。浜松のHさんが応援に駆け付けてくれました。

疲労と寒さでイートインのコンビニを見つけるごとに休憩して、ちっとも前に進みません。時刻を気にしながら貯金1時間残しでイーブンペース(15km/h)で進んでいきます。

263km地点蒲郡駅付近の最終通過チェックコンビニ。残り40kmくらいでリミットまで3時間半残しています。頑張って2時間。と言いたいところだけど2.5時間としam2時に到着目標とします。

ゴールしました。AM1:56。18時間56分でした。制限時間20時間以内の、だいたい貯金1時間維持でゴールできました。そして僕と10分差で今回の最年長の方がゴール。噂によれば80歳という? ゴールの10kmほど手前でパスさせていただいたので、つまりそれまでは僕より前を走っていたんですよね。ふええええ? 鉄人だ。

だんだんと自転車ロングライドという世界の人たちに引き込まれていくのを感じた300kmでした。後日動画も作りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です