2016 BRM423 名古屋400京都(往路)

400初参加!! 2016年4月23日~翌24日。RC名古屋400kmブルベに参加しました。制限時間は27時間です。事前に聞いた話では、200kmは日帰り。300もその延長。 しかし400から一気に難易度が上がる。600は仮眠が取れるが400は仮眠時間がないので徹夜。一番きつい。なんて話も。

実際には初400の興奮とアドレナリンで完走できました。ゴール後、間違いなく名古屋地区で最速の御一人である喜T師匠が最遅でゴールするという瞬間に立ち会いたかったのですが眠さに負けて先に失礼しました。

コースはいつもの通り豊田(岡崎)を出発。名古屋市内を抜け往路は関ケ原・琵琶湖湖岸を通って京都まで。帰りは石槫トンネルを抜けて戻ってきます。往復とも厳しい峠はなくほぼ平坦基調であることから400kmでも無理しなければ完走できるのではないかと思っていました。初300kmのときはビビりまくっていましたが、今回はなぜか最初から自信がありました。できると思えばできる。という事を学んだ気がします。

来週のFleche走行チームのうち岡山1200に出ているHさんの代走で(?)急きょFlecheチームに混ぜていただきました。喜T師匠はブルベの途中でありながらも折り返し地点、京都のサルサクラブに踊りに行くという計画で、『京都に早く着いても ((店がまだ開いてないので)) 意味ないからゆっくり行くのだ』という謎すぎる指示で出発。5人パックでまったり走行。

各パーツをグラム単位で重量を吟味しギリギリまで軽量化を図っているはずのロードレーサーなのに、喜T師匠のリアバッグは着替えの衣装等で重量増加。そしてついに破損。師匠マシン修理のための全体停車が2回。おまけに停車に気が付かず先に行ってしまった三Uさんが「早すぎますよ!」と瀬T参謀に携帯で注意され、私も5人で先頭交代でいいところを見せようと張り切ったら「えびさん早すぎますよ」と後ろから瀬Tさんに注意されたり、コレぜんぶ師匠が遊びに行くという企みのせーじゃねーかと、言いたかったのですが言いませんでしたので、ここに書いておきますww。

 

彦根で昼飯を物色するランドヌール
PCコンビニでおっさん同士まったりスイーツタイムを食らったりと、たいして疲れずに往路200kmを走破。とにかく愉快なチームで楽しかったです。
PM6:30 京都の折り返しコンビニに到着しレシート取得。さて全く京都観光していませんがそそくさと名古屋へ帰ります。喜T師匠はこのあとサルサクラブがあくまで2時間以上無駄に時間をつぶすようです。ほっときましょう。

雨が降り出しました。楽しかった往路と違い復路は地獄でした。後半に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です