2018BRM1005いってこいビワイチ1000kmその1

2017年2月以来、1年半ぶりのブログ更新である。さぼった。

1000kmは3年目3度目の挑戦。2016年9月ええじゃないか伊勢1000kmは伊勢折り返し地点(560km付近)でDNF(did not finish; 棄権)。翌年2017年10月の徳島1000(四国一周)は四万十中村(590km付近)でDNF。自分は600までの男だなぁと悔しい思いを引きずりつつの3度目の挑戦である。

自転車界隈では、600走れれば1000行けるよ、とか 「1000は600に実質無料分の400がついてくるだけ」。といった謎のイキリが聞こえてくるけど、無責任な事言うなよ。簡単じゃねーよ。

去年と違って走り込みもできていなのだけどブルベ3年目で「脚を残す」「借金は怖くない」「頑張ったら負け」という小細工は覚えたのでそれを武器にせこく完走を目指す。

いってこいビワイチというからには琵琶湖一周なんだが、start/finishは石和温泉(甲府)。御前崎まで南下したのち、名古屋を通ってビワイチ。帰りも同じ。ほぼフラットでド平坦な1000kmである。険しい峠もないし補給にも困らない。名古屋市内を通るので某所で仮眠もできる。これ以上ないというほど甘い条件である。

多くの参加者と同じく名古屋で寝ることにして1/3刻みで計画。

day1 10/5(金) 石和-名古屋 327km
day2 10/6(土) 名古屋-ビワイチ-名古屋 348km
day3 10/7(日)-8(月) 名古屋-石和 327km

3日目は徹夜予定。

なお、当日の天候は西から台風が近づいていて日本海へ抜ける予報。同日に開催予定だった中部1000kmは台風で中止となってしまった。雨は避けられないのでSKSのフルカバーの泥除けを準備していざ石和温泉へ。

前泊のホテルに荷物を置いた後スタート地点に下見。いよいよ1000kmだ。さーて、寝れるかなぁ。ブルベは前日に寝れるかどうかから勝負が始まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です